海からも陸からも体験できるサタクンタ

サタクンタ(Satakunta)は、気持ちよくリラックスしたり、冒険を楽しめる場所です。自然の静けさとやすらぎに身を委ねてみましょう。この地域には3つの国立公園があり、フィンランドを代表する美しくてバラエティに富んだ自然を楽しむことができます。また、リラックスするだけでなく、もっと活動的な体験をしてみたい人には、陸と海で思い出に残るアクティビティが楽しめるチャンスもあります。

サタクンタは、フィンランド沿岸でもっとも汚染の少ない海、ボスニア湾に面しています。150kmのコケマエンヨキ川(Kokemäenjoki)沿いの、メリ・ポリ(Meri-Pori)からハルヤヴァルタ(Harjavalta)まで続く、40kmの大都市圏に人口が密集しています。もっとも北東の地域、カンカーンパー(Kankaanpää)、ホンカヨキ(Honkajoki)、カルヴィア(Karvia)は、そのゴツゴツした地形の自然ゆえ、サタクンタのラップランドと呼ばれています。サタクンタで体験できるスリル満点のアクティビティについて、スクロールダウンしてご覧ください。

写真: Visa Vehmanen

群島と沿岸エリア

木造建築の並ぶ古くからの街並み、歴史的なマナーハウス、石造りの灯台、海と陸にまたがる国立公園、島々を結ぶフェリー、そして様々な海の生き物や野生動物が特徴の地域です。

群島と沿岸エリア