• 静寂の美しさ

    男の子たちが遊んでいると、不意にこんな光景に出くわしました。子どもたちは石をエアベッドの上に置いていたので、湖の中に飛んでいくことはありませんでした。母の日除け帽をかぶるニーロ。雲一つない晴れた夏の暑い日は、とりあえず、近くにある帽子をかぶるんです。

  • 夏の別荘で水辺にたたずみ、ウコンセルカ湖を眺めるヴェンナンニエミに住む妻のキルシ。私たちの夏の別荘の湖の近くでは、柳が本当にあっという間に成長します。

  • この夏の別荘は私の祖父母カッレとイーダが建てたものです。このデッキチェアは祖父母が使っていました。まだ祖父や祖母が座っていた姿が目に浮かびます。私はリストの手を引いて水深の深いところに連れて行き、そこで泳ぐのを手伝ってやるのです。手前の岩にカメラの焦点を合わせています。妻のキルシがリモートシャッターを押しました。

  • サウナの外の浜辺で夕日の中に立つペンッティ。浅瀬でキタカワカマスの稚魚を探しているのです。岸辺で泳ぎだすニーロとペンッティ。水はまだひんやりとしていて二人は水をバタバタしながら動かしています。湖の底には滑りやすい石があります。

  • おすすめ

    こちらの記事にもご関心があるかもしれません:

静寂の美しさ

静寂の美しさ(写真家マルッティ・ヤムサ)

ここでご覧にいれるシーンは、私の家族の夏の別荘での出来事で、私はここで9年間、家族の夏の写真を撮ってきました。子どもの頃、この家は板葺屋根でオイルランプを使っていました。今は屋根は、薄鉄板になり、灯りも電灯になりました。それでもそんなに変わったわけではありません。ほとんどは昔のままです。現地で切り出した丸太の壁にうまく隠れたドア。今でも大工さんたちの仕事に頭が下がります。

良い写真はいつもミステリー

写真に興味をそそられる理由。それは、こんなことなのです。うまくできたなと思える写真んは、日差しと温かみの助けが欠かせません。私の撮影テクニックはスナップショットを撮る写真家のスタイルに近いものです。ポラロイドカメラで撮ったインスタント写真は私の現代的な撮影テクニックです。うまく撮れたかどうかすぐに確認できますから。湖から運んだフィルムをジャーの中で水で洗います。それでもきれいになるとは限りません。ひっかき傷や指紋は、サウナでフィルムを染めた時にこれを触った私や子供たちのものです。

– マルッティ・ヤムサ

お静かに
More
ディレクトリからさらに