沈まない太陽が見られる国

季節ごとの違いがはっきりしている国に住むフィンランド人にとって、そのコントラストはごく自然なものです。北極圏の暗い冬と、フィンランドの象徴的な自然現象の一つである真夜中の太陽は、究極のコントラストをなしています。

一日中太陽が昇らない冬をフィンランド人はどうやって過ごしているのか、不思議に思う人も多いでしょう。しかし、夏には24時間輝く太陽が待っているのです。そんなふうに激しい光のコントラストは、フィンランドでの生活のあるゆる面に多大な影響を与えています。

夏になると人々が集まる場所に活気があふれるのは、ごく当たり前のことと言えるでしょう。厳しい冬を過ごしたあとの、いつまでも沈まない陽の光は、心から待ち遠しいものです。フィンランドの夏は、屋外で時を過ごすことができる短くも楽しい季節です。そして、あらゆる心配事は、再び暗い夜が訪れる季節になるまで先送りされるのです。

フィンランドについて

四季、白夜と極夜、都市部といなか、東と西 - 魅力あふれるコントラスト

フィンランドについて