• 水辺の要塞

    スオメンリンナの要塞はフィンランドで最も人気のある名所の一つ。首都ヘルシンキからフェリーですぐのところにあります。

  • スオメンリンナはピクニックを楽しむ場所として最適です。ここにはカフェやレストランもあり、カフェ・ピペル(Piper)は1928年以来、夏季になると観光客向けにオープンします。

  • 王の門と並び、スオメンリンナの大砲も有名なシンボルに数えられます。クスターンミエッカの砂州の上にはロシア時代から今も大砲があります。

  • スオメンリンナは観光地と思われがちですが、800人以上もの人が住んでいます。

  • スオメンリンナ教会(1854年築)は、航空と海上交通用の灯台としての役割のために特別に作られたものです。この役割は、フィンランドの他の2つの教会と共有しています。

  • 夜が温かい夏の間、夜遅くまでスオメンリンナで楽しむこともできます。フェリーの最終便は午前2時にスオメンリンナを出発します。

  • 狭いクスターンミエッカ(Kustaanmiekka)海峡を抜けるクルーズ船は印象的な光景です。

  • ザンデル砦はヘルシンキに残る最も古い建物の一つで、スオメンリンナの要塞群を形成する4つの砦の一つです。

  • 子どもたちは特にトンネルで楽しめます。トンネルの多くは観光客に公開されています。ただ、トンネル内部には照明がないため、懐中電灯を持って行きましょう。

  • 王の門(クニンカーンポルッティKuninkaanportti)は元は要塞の表玄関で、スオメンリンナのシンボルと考えられています。

  • 園芸や庭のさまざまな芸術的構成要素は、長い間、スオメンリンナの歴史の一部でもありました。

  • 6つの島のいろいろな部分がスオメンリンナの多彩な雰囲気を醸し出しています。

  • スオメンリンナは6つの島から成り、フェリーでしかアクセスできません。フェリーは通年定期運航しており、運賃はわずか2ユーロあまりです。所要時間は、わずか15分です。

  • 夏の暑い中、スオメンリンナでハイキングをした後は、冷たい水の中を泳いでリフレッシュすることができます。ビーチにはシャワーやトイレがあります。

  • おすすめ

    こちらの記事にもご関心があるかもしれません:

スオメンリンナ – 水辺の要塞

スオメンリンナ(Suomenlinna)の要塞はフィンランドで最も人気のある名所の一つです。首都ヘルシンキからフェリーですぐのところにあります。本来この群島船団の基地は、フィンランドがスウェーデン王国の一部であった18世紀半ばに建てられました。1991年スオメンリンナはユネスコの世界遺産に指定されました。

ピクニックにぴったり

15分ほどで都会の喧騒を逃れ、海の見える公園のスオメンリンナに到着します。フェリーは通年定期運航しており、運賃はわずか2ユーロほどです。好きな時にピクニックのつもりで出かけてみましょう。ランチはフェリーが出発するのを待つ間にマーケット広場で買いましょう。スオメンリンナには、カフェやレストランもあります。カフェ・ピペル(Piper)は1928年以来観光客向けに夏季のみオープンしています。

 

800人の幸せな住民が住む町

スオメンリンナは観光地と思われがちですが、実は、800人以上の人が住んでいる居住地区でもあります。スオメンリンナの平地のほとんどは国有地で、賃貸されています。家々は手入れが行き届き、周辺環境と控えめに融合しています。現在の住宅となっている建物のほとんどは元駐屯地として使われていたものですが、19世紀にはすでに住宅へと変わり始めました。

 

明け方までオープン

スオメンリンナは6つの島で構成されていますが、それぞれの島の持つ形が多彩な雰囲気を醸し出します。ここでやりたいことが、友だちとの楽しい週末なのか、静かな夜の散策なのか、あるいはここでジョギングをしたいのか、島のルートや場所によって、いろいろなことができる場所です。

夜が温かい夏の間は、夜遅くまでスオメンリンナに滞在して楽しめます。フェリーの最終便はスオメンリンナを午前2時に出発します。

 

ヘルシンキ

他国の主な首都と比べ、ヘルシンキの鼓動はゆったりとして緩やかです。市内の観光名所や人気スポットのほとんどは徒歩圏内にあります。公共交通機関は快適で信頼性が高く、ヨーロッパの中でも上位にランクしています。

Services in the area
ディレクトリからさらに