• スオメンリンナ –
    水辺の要塞

    スオメンリンナの要塞は、フィンランドで最も人気のある名所の一つ。首都ヘルシンキから、フェリーですぐの場所にあります。

  • スオメンリンナは、ピクニックに最適です。ここにはカフェやレストランもあり、1928年に創業した、カフェ・ピペル(Piper)は、夏になるとなるとオープンして、訪れる人々を迎えています。

  • 王の門と並び、大砲も、島のシンボルの1つです。クスターンミエッカの砂州では、ロシアに支配されていた時代からある大砲を、今でも見ることができます。

  • スオメンリンナは、観光地と思われがちですが、800人以上もの人が住んでいます。

  • スオメンリンナ教会(1854年築)は、航空と海上交通用の灯台としの役割を担う、特別な教会です。フィンランドでは、スオメンリンナ教会と他の2つの教会だけが、そのような役割を担っています。

  • 暖かい夏の間は、夜遅くまで、島に滞在して、楽しい時間が過ごせます。フェリーの最終便はスオメンリンナを午前2時に出発します。

  • 狭いクスターンミエッカ(Kustaanmiekka)海峡を抜けるクルーズ船は、印象的です。

  • ザンデル砦は、ヘルシンキに残る最も古い建物の一つで、スオメンリンナの要塞群を形成する4つの砦の一つです。

  • トンネルは、子供たちにとりわけ人気です。トンネルの多くは一般に公開されています。トンネル内には照明がないため、懐中電灯を持って行きましょう。

  • 王の門(クニンカーンポルッティKuninkaanportti)は、元は要塞の表玄関で、スオメンリンナのシンボルと考えられています。

  • ガーデニングは、長い間、スオメンリンナの歴史の一部でした。

  • スオメンリンナは6つの島で構成されていて、それぞれに違った魅力を楽しめます。

  • スオメンリンナは、フェリーでしかアクセスできません。フェリーは通年定期運航しており、運賃は3ユーロほど。所要時間は、わずか15分。

  • 暑い夏に、スオメンリンナでハイキングをした後は、冷たい水の中を泳いで、リフレッシュすることもできます。ビーチには、シャワーやトイレもあります。

  • おすすめ

    こちらの記事にもご関心があるかもしれません:

スオメンリンナ – 水辺の要塞

スオメンリンナ(Suomenlinna)の要塞は、フィンランドで最も人気のある名所の一つで、首都ヘルシンキからフェリーですぐに行ける場所にあります。本来、この群島船団の基地は、フィンランドがスウェーデン王国の一部であった18世紀半ばに建てられもので、1991年には、ユネスコの世界遺産に指定されました。

ピクニックにぴったり

都会の喧騒を逃れ、わずか15分ほどで、海の見える公園のような場所、スオメンリンナに到着します。フェリーは通年定期運航しており、運賃はわずか3ユーロほどです。あらかじめ計画を立てて出かけるだけでなく、気の向いた時に、ふらっと気軽に訪れることもできます。フェリーが出発するのを待つ間に、マーケット広場でランチを調達して、ピクニックに出かけましょう。また、スオメンリンナには、カフェやレストランもあります。その中の1つ、1928年に創業した、カフェ・ピペル(Piper)は、夏になるとなるとオープンして、訪れる人々を迎えています。

スオメンリンナに住む800人のラッキーな人たち

スオメンリンナは観光地と思われがちですが、実は、800人以上の人が住んでいる居住地区でもあります。スオメンリンナの平地のほとんどは国有地で、賃貸されています。家々は手入れが行き届き、周辺環境と控えめに融合しています。現在、住宅となっている建物のほとんどは、もともと駐屯兵が使用していたものですが、19世紀に住宅として使用されるようになりました。

明け方までオープン

スオメンリンナは6つの島で構成されていて、それぞれに違った魅力を楽しめます。友だちとの楽しい週末を過ごす、静かに夕べの散歩を楽しむ、ジョギングをする・・・。目的にあわせて、ルートや場所を選びましょう。

暖かい夏の間は、夜遅くまで島に滞在して、楽しい時間が過ごせます。フェリーの最終便はスオメンリンナを午前2時に出発します。

 

ヘルシンキ

ヘルシンキはコンパクトなサイズのヨーロッパの文化的で現代的な都市で、デザインとハイテクが有名です。ヘルシンキは海に近く、夏 でも冬で楽しいことが満載の魅力的な街です。

より多くの
Services in the area
ディレクトリからさらに