スオメンリンナ - 水辺の要塞

スオメンリンナの要塞は、フィンランドで最も人気のある名所の一つです。首都ヘルシンキの中心部から、フェリーで簡単にアクセスすることができます。

もともと群島船団の基地であったスオメンリンナは、フィンランドがスウェーデン王国の一部であった18世紀半ばに構築され、1991年にはユネスコの世界遺産に指定されました。 スオメンリンナには6つの島がありますが、それぞれの島の持つ形が多彩な雰囲気を醸し出します。友だちとの楽しい週末、静かな夜の散策、ジョギングなど、島のルートや場所によって、いろいろなことができる場所です。夜も暖かい夏の間は、夜遅くまでスオメンリンナで楽しい時間を過ごすことができます。フェリーの最終便はスオメンリンナ発、午前2時です。

ヘルシンキ近郊

ヘルシンキはコンパクトなサイズのヨーロッパの文化的で現代的な都市で、デザインとハイテクが有名です。ヘルシンキは海に近く、夏でも冬で楽しいことが満載の魅力的な街です。

ヘルシンキ近郊