• コテージライフの本質

  • 静寂の音を聞きながら眠りについたり、鳥のさえずりを聞きながら朝の支度をしたことがありますか?フィンランドの湖水地方はコテージ天国です。

  • 毎日どれだけの騒音を聞きながら暮らしているのか、あまり意識していないことが多いのではないでしょうか。静寂の存在しない現代生活に慣れてしまうと何も聞こえない静けさの中で過ごす時間は不思議な感じがするでしょう。

  • 長い夏の夜は家族や友達と集まって食事をしながらコテージで過ごすのに最適です。

  • バーベキューをするときは野菜も忘れずに。

  • サマーコテージの周りではいたるところでベリーやきのこのような自然の食材を見つけることができます。昼間でも夜でも外に出かけて食材を調達しましょう。

  • 自然へ切望はフィンランド人の本質ともいえます。たった50年ほど前まではほとんどの人が田舎に住み、周辺に住む人々と伝統的な取引をしながら生活をしていたのです。現在ではほとんどの人々が町に住んでいますが、コテージやキャビンで休暇を過ごすことによってその本来の田舎との結びつきを取り戻すのです。

  • 世代から世代に受け継がれてきた文化、サウナ。サウナ以上にフィンランドらしさを象徴するものはありません。汗とともに日ごろのストレスを流し湖につかってクールダウンする。それは心と体を清めるの究極の文化なのです。

  • サウナから出て、明るい夏空の下で味わう気持ちはまさに至福。

  • …そして春の日差しの中でスキーをしたあとの気分も至福。

  • フィンランド人なら誰でもコテージライフを経験していると言っていいでしょう。自分のコテージでもレンタルコテージでも、誰かから借りたコテージでも、その経験に変わりはありません。経験するか経験しないか、それが違いを生むのです。

  • 穏やかになった気持ちで過ごす夏の夜は本来の自分を取り戻しリラックスして過ごせる時間です。しかし、そのような感覚を取り戻せる機会はどんどん少なくなってきています。コテージの入り口に佇んだり防波堤に立って、ただそこにいるだけでいいという経験はなんとも神聖なものなのです。

  • 最近では高級コテージも各地にあり、休暇を過ごす人々に人気です。しかし多くの人は必要最低限の設備しかなく人里は慣れた場所にある小さいコテージで過ごす伝統的な休暇を好むようです。

  • 時間も、やらなければならないことのリストも忘れて終わりのない夏の光の中で充電しましょう。もちろん、素敵な仲間を連れて行くことを忘れずに。

  • おすすめ

    こちらの記事にもご関心があるかもしれません:

    • 水と暮らす

      水と暮らす

      どこまでも続く森の風景の中にぽつりぽつりと浮かぶ水域。フィンランドが「千の湖の国」と呼ばれる所以でもある、その反対の光景。

    • フィンランドに滞在したい

      -フェイスブックで最新情報をゲットしよう

コテージライフの本質

コテージはフィンランドの名物と言っていいでしょう。ホリデーシーズンがやってくるとフィンランド人はこぞって田舎に向かいます。こぢんまりした隠れ家で静かにリラックスした時を過ごすのです。

たいていは水辺や滝のそばにあるキャビンやコテージは、人々を忙しい日々の生活から心身ともに解放してくれます。

毎日の雑事や心配事を忘れてこの国の持つ豊かでそのままの美しい自然の中で過ごす時間はフィンランド人にとって欠かすことのできないものなのです。夏には湖畔のサウナを暖めて、冬には暖炉の前でゆっくり過ごす、そんな休息をとった後は新たな活力がわいてくること間違いなしです。

“何もしない”を極める

フィンランドのコテージライフは、なにもしないことをありがたいと思うところに意味があります。桟橋に腰掛けて足先を水につけて過ごす時間はウィークデーにコンピューターのスクリーンを見つめて過ごす時間に勝ります。

おいしい食事、特にバーベーキューは夏のコテージライフに欠かせません。親しい友人や家族とのリラックスした集まりは人生の本当の意味 – 自分にとって一番大切な人たちと過ごす素晴らしい時間- を思い出させてくれます。

退屈?

そうですね、人それぞれ好みのすごし方があります。活動的な休暇を好む人もいればそうでない人もいるように。子供たちは飽きることなく水に入って遊んだりゲームをしたりしています。休日のありがたみを存分に感じながら1日中ハンモックやデッキチェアで横になって過ごす人もいます。

ボートこぎ、カヌー、庭でできるゲーム、フィッシング、そしてもちろん必須のサウナなどが夏のコテージでは一般的なアクティビティーになります。

夜更かしをして日の沈まない夜の美しさを楽しむこともフィンランド独特の夏の楽しみです。ちょっとした観光には小さなスチームボートで内陸水路をクルーズするのもいいかもしれません.

冬のコテージライフは活動的に

冬の間もコテージはとてもリラックスできる場所ではあるのですが、外に降り積もった雪のせいか人々はより活動的になるようです。クロスカントリースキーやダウンヒルスキー、スノーモービル、スノーシュー、そしてハスキーやトナカイに引かれたそりなど、たくさんのアクティビティが楽しめます。

身の引き締まるような寒い冬の1日を外で過ごした後、サウナに入れば心も体も暖まり、まるで天国にいるような気分になれます。サウナのあとはトナカイのシチューなど心のこもった暖かい食事をいただいて暖炉の前で上質な時間を過ごします。そんな時間を過ごしていると日々の生活の心配事もまったく重要でないように思えてきます。

布団にもぐる前に、外に出て夜空でダンスを演じるオーロラを見ることができたらその夜はもう最高ですね。

お静かに

多忙な現代生活において、スペース、静寂、そして時間はとても価値のあるものです。呼吸できるスペース、夢を見る時間 … たくさんの湖があり人で混雑していないフィンランドで見つかります。

More
ディレクトリからさらに