トゥルクの魅力

中世のヨーロッパの街、と言われたら、どんな場所を想像しますか?街の中心に流れる川、という人もいれば、マーケット広場、お城や聖堂を思い浮かべる人もいるでしょう。それってどこかで聞いたことのある街のような気がします。そう、それがまさにトゥルクなのです。トゥルクの街はそんな中世の街の条件をすべて満たすだけでなく、活気に溢れたイベントが盛りだくさんの近代都市で、2011年にはヨーロッパ文化首都にも選ばれました。

アウラ川沿いの、中世から続く石畳の道を散歩してみませんか。川はトゥルクの中心です。夏になると、飲んだり食べたり、音楽鑑賞する人々でにぎわいます。古いヨットが川沿いに停泊していて、アーキペラゴやナーンタリまでのクルーズを楽しむこともできます。トゥルク港からバルト海を横断してスウェーデンに渡るクルーズ船も、毎日運航しています。

トゥルクが、アウラ川沿いの街として、正式に地図に登場したのは、1229年のことです。それ以来、この街では活気が耐えることがありません。夏の間は、タンゴ、音楽、シアター、芸術、デザインなど、さまざまなイベントやフェスティバルが開催され、休みなしに盛り上がりを見せます。

群島と沿岸エリア

木造建築の並ぶ古くからの街並み、歴史的なマナーハウス、石造りの灯台、海と陸にまたがる国立公園、島々を結ぶフェリー、そして様々な海の生き物や野生動物が特徴の地域です。

群島と沿岸エリア