トーベ・ヤンソンのヘルシンキ

フィンランドで最も有名なアーティストの一人、ムーミンのクリエーターでもある、トーベ・ヤンソンは、1914年にヘルシンキのカタヤノッカ地区で生まれ、幼少時代を過ごしました。

トーベは、1930年代に、家族と共にトーロのアーティストの家に居を移し、その後、海に近い美しいウッランリンナ(Ullanlinna)地区にスタジオを構えます。トーベの作品に出てくる場所は、ストーリーの中では特定されていませんが、ヘルシンキだと思われるシーンがたくさんあります。
トーベの幼少時代の思い出の場所や、トーベの父、彫刻家のヴィクトルが娘のトーベをモデルにして作りあげた彫像などを訪ねて、約100年前のトーベの生活を想像してみると、彼女の作品への理解も深まるのではないでしょうか?

ヘルシンキ近郊

ヘルシンキはコンパクトなサイズのヨーロッパの文化的で現代的な都市で、デザインとハイテクが有名です。ヘルシンキは海に近く、夏でも冬で楽しいことが満載の魅力的な街です。

ヘルシンキ近郊