美しき街ラウマ

ラウマの街は、フィンランド西部のサタクンタ地方にあり、1442年にその起源をさかのぼります。この街は、フィンランドで3番目に古く、変化に富んだ方言、ボビン・レース、保存状態のよい旧市街の木造建築が有名です。

 ユネスコ世界遺産の一つであるラウマ旧市街は、北欧最大の木造建築の街です。70エーカーの地域に約600人が住み、600の建物があります。ラウマ旧市街を歩くと、おとぎの国に足を踏み入れたような気分になるかもしれません。色とりどりの家、装飾された門、石畳の道、美しい公共の建物は、忘れかけていた過去の雰囲気を思い起こさせます。

 

群島と沿岸エリア

木造建築の並ぶ古くからの街並み、歴史的なマナーハウス、石造りの灯台、海と陸にまたがる国立公園、島々を結ぶフェリー、そして様々な海の生き物や野生動物が特徴の地域です。

群島と沿岸エリア