• ユネスコ世界遺産

    スオメンリンナ要塞

    スオメンリンナ要塞は軍事施設の巨大なモニュメントです。またフィンランドで最も人気のある観光客向けアトラクションでもあります。同時にここはヘルシンキ郊外ということができ、改修した城壁と兵舎には850人が住んでいます。

  • ラウマ旧市街

    ラウマ旧市街はスカンジナビアの典型的な木造家屋が立ち並ぶ町です。この町には歴史的な平屋の建物で統一された地域があり、一部には中世の道路網や、住居、店舗、各種サービスが備わった都会的なコミュニティーもあります。ラウマ旧市街は1991年にユネスコ世界遺産に登録されました。

  • ペタヤヴェシの木造教会(1994年)

    フィンランド中部にあるペタヤヴェシの古い木造教会は1763~1765年に丸太を組んで作られました。このルター派の教会は、スカンジナビア東部に特有の伝統的な建築の典型的な例ということができます。ゴシック様式の円天井に由来する古い形の教会を中央に置くというルネサンスの概念とも結びついています。(© UNESCO 世界遺産センター)

  • サンマルラハデンマキの青銅器時代の石塚群(1999年)

    この青銅器時代の石塚群は30を超える花崗岩の石塚から成り、3000年以上前の北欧の葬送慣行や社会的、宗教的な構造物についての独自の洞察を提供しています。(© UNESCO 世界遺産センター)

  • ヴェルラ砕木・板紙工場

    ヴェルラ砕木・板紙工場(1996年)と関連する住居エリアは、19世紀から20世紀初頭にかけて北欧と北米で繁栄したパルプ、紙、板紙の生産と関係した小規模な農村の工業入植地が非常に良い状態で保存された顕著な例です。現在も、かつてのこのような入植地で残されているのはほんの一握りしかありません。(© UNESCO 世界遺産センター)

  • おすすめ

    こちらの記事にもご関心があるかもしれません:

    • 美しき町ラウマ

      美しき町ラウマ

      ラウマはフィンランド西部のサタクンタ(Satakunta)地方にあります。1442年にできたこの町は国で3番目に古い町で、特にその変化に富んだ方言、ボビン・レース、保存状態のよいラウマ旧市街の木造建築が有名です。…

    • フィンランドに滞在したい

      -フェイスブックで最新情報をゲットしよう

ユネスコ世界遺産

フィンランドには7つのユネスコ世界遺産があります。

サンマルラハデンマキの青銅器時代の石塚群(1999年)

この青銅器時代の石塚群は30を超える花崗岩の石塚から成り、3000年以上前の北欧の葬送慣行や社会的、宗教的な構造物についての独自の洞察を提供しています。(© UNESCO 世界遺産センター)

スオメンリンナの要塞(1991年)

ヘルシンキ港の入口に位置する群島上にスウェーデンによって18世紀後半に建てられたこの要塞は、当時のヨーロッパの軍事施設の興味深い例として注目されています。(© UNESCO 世界遺産センター)

クヴァルケン群島

クヴァルケン群島(フィンランド)とハイ・コースト(スウェーデン)はバルト海北方のボスニア湾に位置します。クヴァルケン群島の5,600の島々は畝のある洗濯板状の氷堆石が特徴です。これは10,000~24,000年前に大陸の氷床が溶けて形成されたものです。

ラウマ旧市街(1991年)

ボスニア湾にあるラウマはフィンランドで最も古い港の一つです。15世紀半ばの聖十字架教会が建っているフランシスコ修道会の近くに作られたこの町は、木造建築による昔の北欧都市の顕著な例ということができます。17世紀終わりに火災で町は破壊されましたが、古代のその土地特有の建築遺産が保存されてきました。(© UNESCO 世界遺産センター)

ペタヤヴェシの木造教会(1994年)

フィンランド中部にあるペタヤヴェシの古い木造教会は1763~1765年に丸太を組んで作られました。このルター派の教会は、スカンジナビア東部に特有の伝統的な建築の典型的な例ということができます。ゴシック様式の円天井に由来する古い形の教会を中央に置くというルネサンスの概念とも結びついています。(© UNESCO 世界遺産センター)

 

ヴェルラ砕木・板紙工場

ヴェルラ砕木・板紙工場(1996年)と関連する住居エリアは、19世紀から20世紀初頭にかけて北欧と北米で繁栄したパルプ、紙、板紙の生産と関係した小規模な農村の工業入植地が非常に良い状態で保存された顕著な例です。現在も、かつてのこのような入植地で残されているのはほんの一握りしかありません。(© UNESCO 世界遺産センター)

シュトリューヴェの測地弧

シュトリューヴェの測地弧(2005年)はノルウェーのハンメルフェストから黒海まで、10カ国をまたぎ、2,820kmにも延びる三角点群です。これらは天文学者のフリードリヒ・ゲオルク・ヴィルヘルム・フォン・シュトルーヴェが1816~1855年に子午線の長さを最初に正確に測定する際に利用した測定点です。

カルチャービート

私たちの北欧に対する全体像とは見るもの、聞くものすべてがおそらく違うと思いますが、コントラストこそがフィンランドのカルチャーライフの主原料なのです。

More
ディレクトリからさらに