VisitFinland.com

ようこそ

フィンランド政府観光局公式ホームページへ

ネーチャーエクスペリエンス

クリスティーナンカウプンキの街の中心と近隣の遊歩道のガイド付きツアーを楽しみましょう。「ローカルケーブ」レストランでランチを楽しみスシヴオリでウルフケーブを訪れる機会もあります。この洞窟で見つかったものから、12~13万年前の石器時代に人が住んでいたかもしれないという憶測を呼びました。見つかったのは、北欧でネアンデルタール人の工芸品として知られているものかもしれません。 午後は、ストールホルメン島と遊歩道を訪ねます。

ジャン・シベリウスの生家

作曲家ジャン・シベリウス(1865-1957)は、ハメーンリンナで生まれ人生の最初の20年間をここで過ごしました。生家の部屋は1860年代から1880年代の様式で装飾され、博物館の展示ではヤンネのハメーンリンナでの幼少時代に焦点を当てています。ガイド付きツアーでは、もっと詳しく説明を聞くことができます。室内楽のコンサートも定期的に開催されています。

トム・オブ・フィンランド エクスペリエンス

トム・オブ・フィンランドとして知られているトウコ・ラークソネンは、時代の中で国際的なゲイカルチャーのアイコン的存在となりました。このツアーは、アーティストとしてのトムについて学ぶテーマウォーキングです。彼のアートを描いた切手がフィンランドで一番売れた切手になった理由は?第二次世界大戦中と戦後、ゲイだったトウコの人生はどんな風に変わったのでしょうか? ツアーでは、秘密の意味があるとはまったく想像のできない場所に行きます。トム(トウコ)の写真やヘルシンキで過ごした彼の様子を含めマルチメディアショーもあります。

ユネスコ世界遺産のスオメンリンナを探索

スオメンリンナ美術館は要塞やスオメンリンナの逸話を学ぶことできる最適な場所です。スオメンリンナ美術館を訪問した後、ガイドが皆さまを要塞の壁、大砲、トンネル、乾ドッグまでお連れいたします。新鮮な空気を満喫しながら要塞の周りを散歩した後、コーヒーとシナモンロールをお楽しみください。

Willatarの作業場見学と手工芸体験

ポルヴォー旧市街にある18世紀ののんびりした中庭にあるWillatarのワークショップを訪ねてみましょう。リサイクル素材から、小さな手工芸品を作るチャンスもあります。
事前予約が必要です。4~10人のグループ。

トゥルク食べ歩き

アウラ川沿いの食べ歩きツアーで美味しい食事を満喫しましょう。
川沿いの散歩を楽しみながら、トゥルクで味の新発見。トゥルクフードウォークカードで、トゥルクの食文化をお楽しみいただけます。川沿いにあるローカルレストランで、トゥルクで最も美味しいお食事をお楽しみください。ガイドは付いておりませんが、こちらのカードと一緒にアウラ川沿いの分かりやすい地図をお渡しします。

野生を食べる - フィンランドの野生の食材と料理

フィンランドの動物、ベリー、きのこ、野生のハーブは、タイガの森と真夜中の太陽の恩恵で、格別においしいものです。このツアーでは、純粋なフィンランドの味を探究し、野生の食材を使ってシェフと一緒においしい料理を作ります。魚、森のフルーツ、狩猟動物、鳥など、毎日異なる料理のテーマを設けます。森のフルーツを摘んだり、魚を釣ったり、狩猟動物や野生の鳥を見に行きます。夕方には、アルヴァ・アアルトの建築で有名な鉄工所地区で、自分たちで手に入れた食材でコース料理を作ります。

MuuMaa(ムーマー)農場で夏の1日

子供連れの家族におススメの田舎での冒険です。夏のプログラムでは、牛の乳しぼりをしたり、ヒツジに草をあげたり、様々なアクティビティに参加できます。素敵な農場の野原で馬に乗ったり、マスコットの牛、ムー夫人にハグをしたり、お楽しみが満載です。

Lempääläガイド付きツアー

ガイドと一緒に、お店や職人の工房があった村の道を歩いてみましょう。Kuokkala博物館は、お店の博物館、理髪店の博物館、靴職人のお店、鍛冶屋の工房、輸送道具、退役軍人のHeritage Chamber、Kustaa Puskemaの小屋など様々なセクションがある歴史博物館です。また、博物館通りには、再び定住したカレリアの人々の文化を展示したSakkola博物館もあります。 博物館には、たくさんの階段と高い入り口があります。

ポスティマキオープンエアミュージアムと文化遺産

1960年代後半から、ポスティマキは、屋外シアター、音楽、クラフト、コーヒーハウスと関連づけられてきました。今日では、学校の生徒たちが訪れたり、その他の公共のイベントが開催されています。ほとんどのコテージは、昔同様に装飾されていて、麦わらの博物館、靴職人の工房、鍛冶場があります。

室内楽、文化遺産、ワイルドライフ - クフモへようこそ!

夏の間、クフモは、文化と自然のハーモニーを奏でます。朝から夜遅くまで、室内楽が聞こえてきて、Juminkekoでは、フィンランドの国民叙事詩と過去と現在の遺産が体験できます。Petolaビジターセンターでは、クマやその他の森の動物が待っています。静かな森、美しい風景、はらはらするような体験が楽しめます。

サウナと都会の自然を体験する

ヘルシンキで思い出に残る短い休暇を過ごしましょう。一番おもしろい名所を見て、フィンランドが世界へ送り出した贈り物、サウナを体験しましょう!サウナは、フィンランドの生活に欠かせないものです。それは千年以上にわたり、肉体的にも精神的にも浄化の場所として存在してきました。伝統的な海辺のコテージサウナと街の真ん中にあるサウナとプールの複合施設、2つの異なるフィンランド式サウナを体験します。2泊3日。.

ヘルシンキ アーバンウォーキングツアー

ヘルシンキの一番面白い場所、ボヘミアなカッリオとその周辺を探訪しましょう。昔はヘルシンキの労働者階級が暮らしていた地域の話を聞き、ハカニエミマーケットホールに行き、地元の人の暮らし、セカンドハンドショップ、カッリオ教会、フィンランドで労働階級のために建てられた最初の図書館、公衆サウナ、木造建築の地区、昔の国鉄ビルを見て、夏はリンナンマキ遊園地でツアーを終了します。

フード&ファン フェスティバル

フェスティバルの間、この地域のレストランで各国のゲストシェフが独自の4コースメニューを作ります。バーテンダーやペーストリーシェフがバーやカフェでおいしいレシピを披露します。 シェフは、群島の新鮮な食材を使って料理を用意します。すばらしいアイディアを生かしたカクテルを作るバーテンダーにも注目して、フィンランドのカクテルシーンを楽しみましょう。

ヘルシンキハイライト 6時間

バルト海の乙女としても知られるヘルシンキで興味深い見所を楽しみましょう。地元のおいしいものを味わい、暮らすように旅して、マリメッコのファッション、イッタラのガラス食器、ムーミンなどフィンランドのブランドに親しみましょう。ツアーには、空港送迎、観光バスツアー、伝統的なシナモンロール「コルヴァプースティ」を楽しむコーヒーブレイクが含まれています。ツアーは1年中催行され、定員は1~9名の1日ツアーです。

乗り降り自由バスツアー

いつでも乗り降り自由なバス観光ツアーで、シベリウス・モニュメント、石の教会を含むヘルシンキの人気スポットを訪れることができます。選び抜かれたルートには15の停留所があります。チケットは24時間有効。アトラクションへの割引も含まれます。

サヴォンリンナ・オペラ・フェスティバルのチケット

2016年7月8日~8月6日のオペラ、コンサートチケット
オペラ: Otello(オセロ)、Don Giovanni(ドン・・ジョバンニ)、Falstaff(ファルスタッフ )、Macbeth(マクベス)、From the House of the Dead, La bohème(ラ・ボエーム)、Norma(ノルマ)料金 €53,50 - €183,50.
コンサート: 7月9日・30日Savonlinna Hallにて。7月24日 Kerimäki Church(ケリマキの教会)にて。7月17日 Olavinlinna Castle(オラヴィリンナ城)にて。

女子修道院 - 過去と現在

ナーンタリ教会は1460年から1480年にかけてカソリックの女子修道院として建設されました。修道院の残存部分は、現在、フィンランドにある中世の建物の中でトゥルク大聖堂に続いて大きな建物です。この教会は、献身の十字架に関係して描かれたキリストの肖像で有名です。修道院建設の許可は、1443年8月23日に与えられ、この日は修道院とナーンタリの街の創立の日とされています。最近では、2011~2012年に改修工事が行われました。

多才なMeasha

カナダのソプラノ歌手 Measha Brueggergosman は、オペラ、ゴスペル、ジャズもこなす多才なシンガーです。彼女は、ベルリンフィルハーモニックやジャズバンドとのアンサンブルにも登場し、Richard Strauss から Joni Mitchell まで歌いこなします。2010年のバンクーバーオリンピックの開会式でも歌っています。 Nick Daviesが指揮するFNOのオーケストラとコーラスにと共演するMeasha Brueggergosmanのショーは、思い出に残るものとなることでしょう。