VisitFinland.com

ようこそ

フィンランド政府観光局公式ホームページへ

カレワラの湖

フィンランド国立バレエ団は、フィンランド独立100周年の年に、フィンランドの歴史と将来に焦点を当てたヒット作品制作に多大な努力をしています。カレワラの湖は、Kenneth Greveによる壮大なバレエです。様々な芸術のフォームを大胆に組み合わせて、フィンランドの歴史と文化における画期的な出来事に触れます。傍観者だからこそ創り出せる遊び心にあふれ、感動的で少し熱狂的な作品です。

クーサモで民間ヒーラーに会う

自然をよりよく理解するための、カレワラ、神話、哲学。民間のヒーラーのノウハウは、一つの家族から別の家族へ、魂から魂へと継承されてきました。それは、人の歴史とともに存在してきたのです。現代の民間ヒーラーも、その伝統を継承しています。時が経つとともに、トリートメントは現代の基準に合うように調整されてきました。しかし民間医療は、今でも私たちに共通の祖先の伝統をもとにしているのです。民間医療は、自然の最高の健康法です。

クフモ・カルチャー・セレブレート・ウィンター

暗くて寒い冬でも、クフモでは文化イベントが楽しめます。クフモ・カルチャー・セレブレート・ウィンターでは、クフモの主催者と世界的に有名な人々も含めたアーティストが共に、多彩な音楽、シアター、展示、文学などクフモの素晴らしい文化を紹介しています。クフモ・カルチャー・セレブレート・ウィンターは、毎年1月に開催されます。

ヘルシンキシティーマラソン

ヘルシンキシティーマラソンは63カ国から3500人(2016年の記録)のランナーが参加するフィンランド最大のマラソンです。このマラソンは毎年8月に開催され、2017年には37回目を迎えます。フィンランドは夏にマラソン大会のあるめずらしい国の一つです。平均気温が18~20℃の夏はマラソンに最高の季節です。 マラソンコースは風光明媚ですが、シティーセンターに非常に近い場所を通ります。毎年ランナーからも好評です。フィンランドの澄んだ空気と青い空を楽しみながらマラソンに参加しませんか。

ヘルシンキストリートラン

ヘルシンキストリートランは、フィンランド最大のマラソン大会ヘルシンキシティマラソンと同じ日に開催されます。ストリートランは17kmでマラソンの後半と同じコースを走ります。ヘルシンキシティマラソンと同様のサービスが提供されますが、走行距離は短くなります。友達と一緒に楽しみましょう!

サヴォンリンナ・オペラ・フェスティバルのチケット

2016年7月8日~8月6日のオペラ、コンサートチケット
オペラ: Otello(オセロ)、Don Giovanni(ドン・・ジョバンニ)、Falstaff(ファルスタッフ )、Macbeth(マクベス)、From the House of the Dead, La bohème(ラ・ボエーム)、Norma(ノルマ)料金 €53,50 - €183,50.
コンサート: 7月9日・30日Savonlinna Hallにて。7月24日 Kerimäki Church(ケリマキの教会)にて。7月17日 Olavinlinna Castle(オラヴィリンナ城)にて。

シベリウス・フィンランド・エクスペリエンス

本格的で楽しい1時間のカルチャーエクスペリエンス。フィンランディア、樅の木、ロマンス、ワルツの喜び、ロンディーノ、シベリウスが作曲した曲を、素晴らしいヴァイオリンとグランドピアノの生演奏で楽しみましょう。スクリーンでは、フィンランドの自然が紹介されます。参加者にはシベリウス・フィンランド・エクスペリエンスのギフトCDと小冊子を差し上げます。また、フィンランドの味がするノンアルコールの飲み物をミュージシャンたちとお楽しみください。

アヴァンティ!サマーサウンズ

アヴァンティ!サマーサウンズは、1986年からポルヴォーとペルナヤで開催されてきました。毎年、海外から招聘された作曲家の音楽を中心にしたフェスティバルは、フィンランドの夏のフェスティバルとして定着しています。

プチフェスティバル ハンコ

国際アートフェスティバル、 Le Petit Festival du Théâtreは、ハンコで9月に開催されます。アーチストが世界中からハンコの港町にやってきて、音楽、ダンス、シアター、デザイン、パフォーマンス、ビジュアルアート、ストリートアートなどを繰り広げます。開催場所は、ハンコ市庁舎、ハンコカジノ、街の通り、公園、ビーチなどです。

国立公園でミッドナイトスイム&ラン

泳いだり走ったりしたい衝動に駆られたら、ユッラスで挑戦してみましょう!ユッラスでは昼も夜も太陽の日差しが注いでいます!パッラス・ユッラス国立公園のトレイルを走り、大自然の水でクールダウンしたり泳いだり、さらに走って泳いで、サウナを体験しましょう。素晴らしい風景と幅広いサービスが楽しめます。少し難しいコースと簡単なコースがあり、どちらも冷たいラップランドの水に浸かる体験ができます。ほかではできないミッドナイトスイミング&ランニングイベントに参加してみませんか。

カイヌオリエンテーリングウィーク(競技カテゴリー)

カイヌオリエンテーリングウィークには、4つのステージがあります。 第1ステージ(日曜日)、休養日(月曜日)、第2ステージ(火曜日)、休養日(水曜日)、第3ステージ(木曜日)、第4ステージ(金曜日) 競技カテゴリーは以下のような区分があります。 男子(H/D)8~95才、女子(H/D)8~95才、グループ’H/D 16~21才、プロが競うエリートカテゴリー 各ステージの勝者と総合優勝には、賞品が授与されます。H/21E では、賞金が授与されます。

ルオストでクラシック音楽と上質の宿泊施設

ルオストクラシックのイベント中、宿泊してルオストの素晴らしい雰囲気と風景を楽しみませんか。2つのホテル、3つのコンサートのパッケージがあります。ロヴァニエミ空港、ロヴァニエミ駅、ケミヤルヴィ駅からバスがあります。

コルスホルム音楽祭

1983年に始まったコルスホルム音楽祭は、北欧および世界を代表する室内楽のアーティストたちを招待し、歴史あるコンサートホール、博物館、素朴な群島の部屋や木造の教会などといったユニークな場所でコンサートを開催してきました。オストロボスニア沿岸の素晴らしい風景の中にある雰囲気のある場所で、室内楽を楽しめます。 コルスホルム音楽祭では、9日間に30のコンサートが開催されるだけでなく、小旅行やホテルパッケージ、コンサート会場への送迎なども提供しています。ヘルシンキとストックホルムからのアクセスも簡単です。

リモートヘルシンキ

リモートヘルシンキは、パフォーマンス、エクスカージョン、コンピューターゲームと冒険を組み合わせたプログラムです。100分で、ヘルシンキのイメージが変わります。50人がヘッドフォンをつけて、人工知能の指示に従って一緒に歩きます。通りで、ショップで、地下鉄で、様々な場所でエキサイティングなパフォーマンスやエクスカージョンに参加します。リモートヘルシンキは、地上で始まり空の上で終了します。

室内楽、文化遺産、ワイルドライフ - クフモへようこそ!

夏の間、クフモは、文化と自然のハーモニーを奏でます。朝から夜遅くまで、室内楽が聞こえてきて、Juminkekoでは、フィンランドの国民叙事詩と過去と現在の遺産が体験できます。Petolaビジターセンターでは、クマやその他の森の動物が待っています。静かな森、美しい風景、はらはらするような体験が楽しめます。

SATOA クオピオフードフェスティバル

SATOA クオピオフードフェスティバルは、伝統的な収穫シーズンと地元の味をお祝いするお祭りです。レストランが通りに出店し、3~6€でおいしい小皿料理を提供します。シェフと話をしたり、おいしい物を楽しみましょう。 食べ物のほかに、ストリートミュージシャンやアーチストのパフォーマンスもあります。入場料は無料です。

セイナヨキ・タンゴフェスティバル

セイナヨキ毎年恒例のタンゴフェスティバルへようこそ;何百人ものタンゴ愛好家と一緒にタンゴ・ストリートで踊り、レベルの高いダンスパフォーマンス、印象的な音楽ショー、真夏の長い夜、ほかの場所にはない魅力を楽しみましょう! パッケージには、宿泊、1週間のフェスティバルチケット、多数のダンスイベントへの入場料が含まれています。

What the Cirk? - ミニフェスティバル

Cirko(シルコ) - ニューサーカスセンターは、毎年北欧最大のサーカスフェスティバルを主催しています。今年からは、3つのコンテンポラリーサーカスパフォーマンスで構成されたWhat the Cirk? ミニフェスティバルが加わります。

ユネスコ世界遺産クヴァルケン1日ツアー

観光、ランチ、コンサート、ユネスコ世界遺産を訪れるコルスホルム音楽祭のツアーはいかがですか。ガイドと一緒にヴァーサの市庁舎からバスで出発します。フィンランド最長の橋、バスでReplot橋を渡り、群島のレストランにご案内します。コンサートは群島で開催され、終了後にはガイド付きボートツアーに参加したり、歩いてSaltkaret監視塔を見に行くこともできます。

クフモ室内楽音楽祭

クフモ室内楽音楽祭は、毎年7月に開催されます。音楽祭の期間中、クフモは真の意味でグローバルビレッジとなり、世界中からやってくる150人のアーティストにより70以上のコンサートが開催されます。