VisitFinland.com

ようこそ

フィンランド政府観光局公式ホームページへ

農業の時代 - フィンランドの農業のストーリー

フィンランドのトラクターを見たり、現代のコンバイン収穫機の座席に座ってみたことがありますか?風車の中に入ったことや、牛乳からどうやってクリームを作るのかと思ったことがありますか?「農業の時代」展示会では、それらを見ることができるのです。もちろんそれだけではありません。3000年にもわたるフィンランドの農業の歴史が学べます。労働者、栽培種、家畜、耕作地、焼き畑、放牧など、風景を展示しています。

トナカイ飼育民の生活

サーミのトナカイ飼育民の生活を体験してみましょう。飼育民の家で、スノーモービルで引かれるそりに乗って森に行き、トナカイにえさをあげたり、その様子を見学しましょう。たき火で温めたコーヒーを楽しみます。自然の中でトナカイを観察したり、写真を撮ることができます。ツアーの所要時間は、トナカイのいる場所によりますが、2~3時間です。前日の夕方までにご予約ください。

Cleantech Finland Showroom

Cleantech Finland Showroomでは、開発中の、進歩的で環境にやさしく、エネルギー効率のよいテクノロジーソリューションとサービスを展示しています。入場無料です。

バイキング村ツアー

バイキングセンターの入場料には、村と展示物のガイドマップが含まれています。もっと掘り下げて見学したければ、ガイド付きツアーを予約してみましょう。ガイドがバイキングの斧の投げ方も教えてくれます!

サロ、テイヨ、ケミオンサーリ 個人旅行者向けガイド付きツアー

自然と田舎、大邸宅、鉄工所やサウナを楽しみましょう。お好きなガイド付きツアーを選んで、様々なアクティビティにご参加ください。一人旅、友達や家族との小グループでの旅行者向けです。最低でも出発時間の24時間前までにご予約ください。アクティビティによっては、用具の準備が必要なため、さらに事前の予約が必要なものもあります。

有史前の岩窟壁画

マナーのオーナーの案内で本格的な田舎の雰囲気を体験しませんか。ノルディックウォーキング、古代の岩窟壁画、新鮮な空気、余興付きのサプライズディナーを楽しみます。混雑とは無縁な場所ですが、ヘルシンキからはわずか2時間半です。湖の見える新しいヴィラに滞在します。

フィンランドの記念の年、2017年 - 独立が始まった場所

このガイド付きツアーでは、フィンランドの歴史を学び、1939~1940年の冬戦争の戦場とスオムッサルミとクフモの主な見所を回ります。ツアーには、ホテルでの宿泊、食事、ツアーのテーマに沿った様々なエクスカーション、観光、軍事史に関連する場所への入場料が含まれています。

大沿岸道展

キュメンラークソ博物館の展示で、大沿岸道と建築者や旅人について学びましょう。今日、この道は欧州道路E18の一部となっています。 人々は中世の時代からこの道を旅してきました。軍隊や国の官僚、一般の人々が使った質素な乗馬道は幅が広く、馬に替わって車が利用されている20世紀でもそのまっすぐな道は人々から好まれ、近代的な高速道路となりました。 カラフルな子供たちの遊び場とこの地域をテーマにした小さな展示会も開催されています。

ユネスコ世界遺産 サンマルラハデンマキ

北欧の青銅器時代と鉄器時代(1500–50 BCE)のフィンランド西部の信仰と墓の習慣を見ることができるユニークな場所です。1km以内に様々な形や大きさの36の石塚があります。 最大で最も有名な石塚は、Kirkonlattia(教会の床)です。サンマルラハデンマキは、青銅器時代の墓地で1999年からユネスコ世界遺産に登録されています。フィンランドでは、群島から最初にユネスコ世界遺産に登録された場所です。

金探しの夏休み

プロのガイドと一緒に金探しの秘密を探り、自分の金塊を掬い、本物の金探しのキャビンに宿泊しましょう。このツアーには、金探しの宿のキャビンで朝食付きの2泊とゴールドビレッジでのガイド付き金掬い2日間パス、金博物館への入場券が含まれています。

ガイド付きツアー

フィンランディアホールは、ヘルシンキの人気ある建築物で、街で一番美しい場所の一つです。フィンランドの著名な建築家、アルヴァ・アアルトが設計したフィンランディアホールには毎年何万人もの人が訪れます。包括的な美しさと独特の雰囲気、機能主義の建物は一見に値します。ヘルシンキの中心の海辺の公園の中にあるというロケーションがフィンランドでも他国でも他にはない建物の魅力をさらに引き出しています。

オロ島の秘密を探る

森に覆われたオロ島は、ロシア皇帝の時代からフィンランドの軍事に関連してきました。2015年までは、一般に公開されておらず、限られた人たちのみアクセスできた場所です。オロには、約20kmのハイキングコースと自然散策路があります。珍しい種類の植物やフィンランドでもっとも多種類の蝶が観察できます。保護された古い建物を改装したホテルとレストランがあります。カヤックや自転車のレンタルもあります。

ピエリネン博物館

フィンランドで2番目に大きい屋外博物館、ピエリネン博物館で北カレリア地方の歴史を学びましょう。本館と広い屋外のエリアがあり、異なる時代の農場内の母屋や工場、森で働く人々の丸太小屋や材木流しの機械などが見学できます。 ピエリネン博物館は、街の中心に近い川岸の美しい場所にあります。自分のペースで、あるいはガイドと一緒に見て回ることができます。

ヘルシンキ ウィンターワールド

ヘルシンキでラップランドの冬の魅力を体験しましょう!イグルー、氷の彫刻、アイスバー、トボガンなど、雪のアトラクションやアクティビティが天候にかかわらず楽しめます。ウィンターワールドは、巨大なスポーツホールの中に雪と氷を使って造られています。屋内の温度は常に-3℃で、風もありません。5月から8月までオープンしています。ご要望があれば、ハスキーぞりも体験できます。

Our Life ケッロカス ガイド付きツアー

この地域には、常に自然環境とその可能性に結びついた文化がありました。ガイド付きツアーで「Our Life – Meän Elämää」の展示を見て、山の村のストーリーを聞きましょう。ヴァイラ川は旅のルートで支流がすべての地域を結びつけています。そのおかげで多彩な文化がさらに素晴らしいものとなったのです。言語に多大な関心がよせられ、土地の言語が継承されてきました。ガイド付きツアーは事前にビジターセンターで予約できます。

女子修道院 - 過去と現在

ナーンタリ教会は1460年から1480年にかけてカソリックの女子修道院として建設されました。修道院の残存部分は、現在、フィンランドにある中世の建物の中でトゥルク大聖堂に続いて大きな建物です。この教会は、献身の十字架に関係して描かれたキリストの肖像で有名です。修道院建設の許可は、1443年8月23日に与えられ、この日は修道院とナーンタリの街の創立の日とされています。最近では、2011~2012年に改修工事が行われました。

Gold and Culture パッケージ

Gold and Culture パッケージには、朝食付きの宿泊、金博物館とサーミ博物館への入場料、夕方のサウナとホテルのジムの利用が含まれています。

Willatarの作業場見学と手工芸体験

ポルヴォー旧市街にある18世紀ののんびりした中庭にあるWillatarのワークショップを訪ねてみましょう。リサイクル素材から、小さな手工芸品を作るチャンスもあります。
事前予約が必要です。4~10人のグループ。