VisitFinland.com

ようこそ

フィンランド政府観光局公式ホームページへ

KauttuaとNoormarkkuでのアルヴァ・アアルトツアー

KauttuaとNoormarkkuでのアルヴァ・アアルトツアーは、2つの旧工業遺産を巡るガイド付きカルチャーツアーです。現在の産業を見ながら、製鉄所の歴史を追体験できます。建築家アルヴァ・アアルトが設計した大きな家族の邸宅、マイレア邸と、テラスハウス、のんびりした労働者の住宅、また博物館を見学します。レストランでおいしいフィンランド料理を楽しみ、サウナや水泳なども体験できます。

有史前の岩窟壁画

マナーのオーナーの案内で本格的な田舎の雰囲気を体験しませんか。ノルディックウォーキング、古代の岩窟壁画、新鮮な空気、余興付きのサプライズディナーを楽しみます。混雑とは無縁な場所ですが、ヘルシンキからはわずか2時間半です。湖の見える新しいヴィラに滞在します。

ディドリクセン美術館ガイド付きツアー

それぞれのグループの興味に合わせたガイド付きツアーを用意しています。開催中の展示のほかに、建築とデザイン、周りを囲む彫刻の庭にある彫刻、プレコロンビアン、オリエンタルコレクションなどを中心にしたツアーもあります。グループ用にコーヒーとスナックを用意することもできます。夏の間は海を臨むテラスでリラックスしながら、美しい景色が楽しめます。

マチルダの魔法

メリ・テイヨ地区には、歴史的・文化的に重要な、1800年代に歴史をさかのぼる鉄工所のある産業エリアがあります。
このツアーでは、海の近くの自然に囲まれたメチルデダルの鉄工所の村と歴史的な赤煉瓦の建物、マナーハウス、古い工場を訪れます。初めに、Kyläkonttoriカフェでコーヒーとペストリーを楽しみ、ガイドの話を聞きながら鉄工所に向かいます。Teijo(テイヨ)工場100周年の展示とアルパカ農場を見学します。Ruukin Krouviレストランでランチを食べてツアーを終了します。

ポリの自然歴史博物館

アルク・ネーチャーセンター(自然歴史博物館)は、サタクンタ博物館の一部です。博物館の常設展示では、サタクンタの沿岸やコケマエンヨキ三角州を中心に、この地域の湿地帯の様子を展示しています。人類文化がサタクンタや自然、隆起した沼地や外側の群島に与えた影響をミニチュアで展示しています。

フィンランドの真ん中までミニロードトリップ 4日間

フィンランドの魅力を4日で探ることができるでしょうか?My Finlandの4日間ツアーで、自然のリズムとフィンランドのライフスタイルに親しみましょう。この4日間で、都市や小さな町から湖畔のカントリーライフまで、まったく異なる場所でフィンランドの様々な横顔を見つけることができます!小グループ(8人以下)でご予約ください。独特の体験をしましょう。

Juminkekoツアー

ガイドがJuminkekoについて説明し、フィンランドの国民的叙情詩カレワラのコピーをお見せします。展覧会を見たり、マルチメディアプログラムでカレワラに親しむことができます。

ユネスコ世界遺産 ラウマ旧市街

ラウマ旧市街は、中世に歴史をさかのぼる木造建築の街です。歴史的遺産が現代の商業と地元の住人とうまく調和して残っている場所です。素晴らしいカフェやレストラン、小さなブティックなどが楽しめます。のんびりとした雰囲気の街には、博物館や素敵な庭園、マーケット、印象的な中世の教会があります。

ストゥンダース屋外博物館

ストゥンダースは、フィンランド最大の屋外博物館で、オストロボスニアの手工芸村、ヴァーサ南部で大人気の見どころです。夏の間は、博物館の森を散歩することができ、1917年の村人たちにばったり会うことがあるかもしれません。農家の仕事に参加したり、農夫の妻、校長先生など、散歩中にばったり会った人たちとおしゃべりしたりを楽しみましょう。

ヌークシオでサンタとトナカイに会う

サンタクロースとトナカイに会いに、ヌークシオトナカイパークに行きましょう。ヌークシオはヘルシンキから30km離れた場所にあり、ミニバスがホテルやヘルシンキ空港からの送迎を行っています。トナカイにえさをあげたり、サンタに会ったり、ラップランド式の小屋、コタでたき火を囲んで温かい飲み物とペストリーを楽しみましょう。サンタから、小さなプレゼントももらえます。ツアーの所要時間は約2時間(公園で1時間、送迎1時間)

対空防御博物館

対空防御博物館では、1941年に撃ち落とされたMiG-3戦闘機を含め世界でもまれで多様な1925年から現在に至るまでの対空防御システムを展示しています。屋外の広い展示スペースに加え、博物館には大きな展示ホールが2つあります。博物館はヘルシンキから車で30分のトゥースラにあります。博物館にはショップやカフェもあります。

トゥルクミュージアム ガイド付きツアー

ガイド付きツアーで、アートを楽しみましょう!常設のフィンランドアート、特別展、プロのガイドが、参加者の興味に合わせてご案内します。美術館の建物の秘密もお教えします。ツアーは、フィンランド語、スウェーデン語、英語、ロシア語で行われます。催行人数は、1~25人です。

オリジナルの蒸気船、Ukkopekka(ウッコペッカ)号でのデイタイム・クルーズ

世界で最後のロマンチックな発明、本物の蒸気船、Ukkopekka(ウッコペッカ)号は、アイリストとその何千もの島々の間を羽毛のように静かに、軽々と航行します。トゥルクからのんびりとした修道院の町、ナーンタリまでの船旅です。郷愁に満ちた蒸気船では、有名なランチビュッフェが楽しめます。

Juminkeko 展覧会

Juminkeko – カレワラの巣 Juminkekoの建物は、フィンランドの現代木造建築のすばらしい例です。国際的に有名なフィンランドの建築家 Mikko Heikkinen と Markku Komonen が設計しました。 常設展には、カレワラの翻訳家と白海カレリアの北欧神話の語り手の彫刻が展示されています。Juminkekoでは、カレワラとカレリア地方の文化に関する特別展も開催されます。

ケミ宝石ギャラリー

フィンランドのケミのためにデザインされた注目に値する王冠を含め、多彩な宝石の原石や鉱石のコレクションです。今年フィンランドは独立100周年を迎えますが、1世紀前にデザインされた王冠はケミの宝石ギャラリーで見ることができます。大英帝国王冠や豪華な647個のダイヤモンドを使ったマリーアントワネットのネックレスのレプリカも展示されています。

灯台の島タンカル

今日、タンカルは、観光地という意味で、フィンランドで最も重要な灯台です。1889年に建てられた灯台、1754年に造られたチャペル、アザラシ狩り博物館が島で一番人気の見所です。屋外のパティオでは伝統あるおいしいサーモンスープが味わえます。

Wiurilaのマナーツアー

博物館では、Wiurilaの生活に親しむことができます。ツアーでは、 Wiurila家族博物館のあるC. L. エンゲルが設計した家族センターを訪れます。鍛冶場や大工仕事の工房などが見られる馬車博物館も見学します。 博物館は、6月から8月までの水曜日から日曜日、12時から16時まで開館しています。予約は不要です。 ガイド付きツアーは、水曜日の9時半から10時半までです。電話でご予約ください。

ライニオスノービレッジガイド付きツアー

ライニオスノービレッジまでバスで向かい、ビレッジ、スノーホテル、スノーバー、氷の彫刻に親しみます。スノービレッジがどんなふうに造られたのかも学びます。ツアーの最後に快適な丸太バーで温かい飲み物を楽しみます。ツアーの所要時間は2時間半です。