VisitFinland.com

ようこそ

フィンランド政府観光局公式ホームページへ

ウーテリのぬかるみのトレイル

ぬかるみのトレイル(フィンランド語で、リエッテイデン・レイッティ)は、ウーテリ半島で、自然を探索するのに、ボスニア湾国立公園に並んで素晴らしい場所です。沿岸の森や草地の自然を楽しみ、自然観察塔から砂の大地に広がる景色を眺めましょう。渡り鳥の季節、ウーテリの砂地は渉禽類を観察するのに最高の場所です。毎年30種以上の渡り鳥がやってくるのです。また、印象的なツクシガモも観察できます。双眼鏡をお忘れなく。

Tour de Pyhä

ピュハを3つのやり方で楽しむツアーです。ピュハヤルヴィ湖の周り(12km)をマウンテンバイクで走り、小さな川、Pyhäjoki (13 km)をカヌーで下り、Suotajaの丘(7km)の景色を見ながらハイキングします。リバーサイドで、心温まるスープとコーヒーを楽しみます。体を動かすアクティビティとやすらぎの自然を探索する、心と体にきくツアーです。参加者全員が楽しめるペースで進みます。ピュハで、感覚を目覚めさせましょう。

リンナンサーリ国立公園ミサゴツアー

ミサゴツアーでは、リンナンサーリ国立公園に行って美しい鳥や鳥の巣を観察します。途中カールネトゥサーリに立ち寄り、キャンプファイヤーを囲んでコーヒーとおやつで休憩します。

群島の大自然の中でのサバイバル術

群島の自然の中で3日間、ガイドと一緒に、植物や動物について、大自然の中で役に立つ基本的なスキル、伝統的な手工芸を学びましょう。1日目は、土地の植物や動物に親しみ、2日目はウィルダネススキルを、3日目には群島で重要な伝統的な手工芸を学びます。このプログラムは、無人島へのキャンプ旅行とも組み合わせることができます。

バードウォッチング- 三角州のガイド付きツアー

コケマエンヨキ川の三角州は、北欧で、最高のバードウォッチングができる場所です。フィンランド西岸の湿地と静かな場所には、移動ルートとして、たくさんの鳥がやってくるのです。この地域には、たくさんのバードウォッチング用の塔があります。毎朝、プロのガイドが、バードウォッチングに最高のスポットにお連れします。昼食の後は、自由に鳥の観察や近隣でのアクティビティを楽しめます。

群島でガイド付きアザラシサファリ

遠方の群島まで、バルト海に生息するハイイロアザラシを見に行きましょう。運が良ければ、12000頭のハイイロアザラシの1頭を見ることができるかもしれません。アザラシサファリは、2016年7月3日から8月14日までの木曜日と日曜日、8月15日から28日までの日曜日に催行しています。東港のST1埠頭からの出発は14時。所要時間は約2時間です。料金:大人 35€、子供(4-14才) 15€。

野生のトナカイ追跡と観察

野生の森トナカイ、あるいはフィンランドカリブーは、フィンランドと北西ロシア土着のトナカイです。寒帯のタイガの森に生息し、1年に2回、夏と冬の牧草地に移動します。フィンランドの2つの地域に1700~2000頭が生息しています。 ツアーでは、タイガの森に向かいトナカイの足跡を、季節によって、歩いたり、車、スノーシューやスキーで追跡します。昔のそうだったように自然の印を読んで、動物を探してみましょう。

フォレストバス‐ヘルシンキ空港から2時間

ゆっくり呼吸してリラックスしましょう!ヒモスの自然に囲まれた環境の中でのんびりして、思い出に残る時間を過ごしましょう。
本格的なフィンランド式サウナと森で、精神力を高めリラックスしましょう。それが、フィンランド人の有名な「シス」とスタミナの源なのです。フォレストバスは、3日間のツアーで、中部フィンランドの自然と伝統にすっかり浸ります。

アルクティカ - バードウォッチングツアー

ラキンコトゥカ・エコアイランドは、フィンランド湾の渡り鳥がやってくる場所にあります。5月になると何百ものあひるやガチョウ、その他の渡り鳥が、北極圏のツンドラ地域に向かうためにこの島を通ります。島の上空には毎日オジロワシが飛んできます。たくさんの珍しい鳥も見られます。 ご要望に合わせて、様々なバードウォッチングツアーを催行します。 ワイルドフード、ボートツアー、コテージ、スモークサウナなどもあり、会議にも、ウェルネストリップにもご利用いただけます。

自然愛好家のマルチウィーク、7泊

ヴオカッティには誰もが楽しめるアクティビティや娯楽がたくさんあります。フィンランドの手つかずの自然の中で忘れられない思い出を作りましょう。 遠足と、自分で自然やアクティビティを楽しみたい人にぴったり、家族連れにお勧めのパッケージです。 宿泊も含まれています。

リンナンサーリ国立公園でガイド付きカヌーツアー

サイマー湖で島の迷路を通りながら、希少なサイマーワモンアザラシを見に行きましょう。リンナンサーリ国立公園の群島は、カヌーに最高の場所です。息をのむように美しい景色と新鮮なサイマーの空気を楽しみながらカヌーでアザラシや野生動物を見に行きましょう。ガイドがベストスポットにお連れします。途中でビーチに立ち寄りランチを楽しみます。 必要であれば、出発地点までアドベンチャーバスでの送迎も手配できます。

ヒグマの跡をたどる 24時間

まずは2~3時間歩いて、フィンランドのタイガの森の快適な隠れ家に宿泊し、プロのネーチャーガイドと一緒にヒグマの秘密と跡をたどりましょう。夏の夜に隠れ家から見ていると、クズリが現れるかもしれません。オオカミやアナグマ、狐、フクロウなどを観察できるかもしれません。 シーズン:5~10月 場所:レンティーラ、クフモ 所要時間:1泊 催行人数:1~5人 料金にはガイド、夜のクマ観察、ツアー中のジュース、隠れ家でのおやつが含まれます。

ホテルKalevala 野生のヒグマアドベンチャー

タイガの森の自然の中でヒグマを見るのは、いつまでも思い出に残る体験です。写真を撮るのが好きなら、快適で安全な隠れ家から、最高のショットを撮るチャンスです。 手つかずの自然が広がるタイガの森で、ウィルダネスガイドと一緒に、野生動物を観察したり写真撮影を楽しみましょう。自然の住処で、珍しい大きな肉食動物を見たり、写真を撮るのにヨーロッパで最高の場所の1つです。

ホエールウォッチング、北極教会、極地博物館 トロムソツアー2日間

ロヴァニエミから、北ノルウェーのトロムソまでご案内します。途中、伝説のサーナ山に近い「フィンランドの腕の親指」の部分に立ち寄り、フリータイムとランチを楽しみます。トロムソでは極地博物館やすばらしい北極教会を訪れ、土地の歴史や文化に親しみます。ツアーにはオーロラ鑑賞とホエールウォッチングも含まれています。

冒険好きのアドベンチャーウィーク 5泊

ヴオカッティには誰もが楽しめるアクティビティや娯楽がたくさんあります。フィンランドの手つかずの自然の中で忘れられない思い出を作りましょう。 スピード感が好きな人とヴオカッティの冬のワンダーランドでワイルドな体験がしたい人向けのパッケージです。ハスキーぞりや、スノーモービル、自分で冬を楽しむ時間もあります。宿泊も含まれています。

Nature by Senses

フィンランドの多様な大自然を見て、においをかいで、感じてみましょう。フィンランド人と独特の自然の関係を体験してみましょう。まずは、ガイドと一緒に森の散策から始めます。キャンプファイヤや樹皮のボートの作り方、フィンランドの森の秩序、狩猟、土地の言い伝えなどを学びます。沼で魚釣りもできます。沼の周りの自然遊歩道では、感覚をフルに使って歩きましょう。その後、海岸 (Seikkailulaakso, seikkailulaakso.com)に行ってカヤックを楽しみます。

サイマーワモンアザラシツアー

サイマーワモンアザラシは、サイマー湖にだけ生息する希少動物です。アザラシが岩の上に横たわっていることが多い初夏は、ワモンアザラシが見られるベストシーズンです。チャーミングな木製ボートでリンナンサーリ国立公園に向かいます。ワモンアザラシだけでなくミサゴも観察できます。ツアーの後はカールネトゥサーリ島でコーヒーとスナックを楽しみます。

野生のタイガの森 6泊7日

ワイルドタイガのガイドが、クフモで一番素晴らしい場所を選りすぐってご案内する1週間のツアーです。ビーバーの住む川でカヌーを漕いだり、エスカーに沿ってハスキー犬ツアー、手つかずの大自然の中で炭泥湿原ツアー、ヒーデンポルッティ国立公園を訪れたり、プロの野生ガイドと一緒にクマの後を追うツアーなど。 大自然の中で日中を過ごし、夜はクフモの湖畔のホテルやレンティーラのB&Bにに宿泊します。

野生動物の三角地帯‐フィンランドのビッグ3を観察して写真を撮る

東フィンランドの手つかずの広大な自然の中では、クマやオオカミ、クズリなど、普段なかなか見ることのできない野生動物を観察するチャンスがあります。クズリは、まるで小さなクマのようにも見えますが、実は、イタチ科に分類される最大の動物です。
このツアーは、大自然の中で彼らの邪魔をすることなく、すばらしい野生動物を観察するまたとないチャンスです。思い出に残るタイガのツアーは、3か所で、クマやオオカミ、クズリを観察します。

レンティーラでヘラジカツアー

ヨーロッパヘラジカを観察したり写真撮影できるツアーです。自然と野生動物のエキスパート、タイガスピリットがご案内します。日中2~3時間のツアーでは、ヨーロッパ最大のシカ科の動物、ヘラジカを、明け方あるいは夕暮れ時に探しに行きます。ヘラジカは驚くほど大きなほ乳類です。ツアーではしばしばトナカイやフクロウやライチョウなどの鳥類にも遭遇します。 8月20~27日を除く、5月から9月まで催行しています。