VisitFinland.com

ようこそ

フィンランド政府観光局公式ホームページへ

エスポーレクレーションアイランド

エスポーレクレーションアイランドは、リラックスしてレクレーションを楽しむのに最高の場所です。定期運航のボートで、簡単に群島の島にアクセスできます。1日でいくつかの魅力的な小さな島を訪れることもできます。友達と一緒にピクニックや、夏空の下でキャンプを楽しみましょう。全部で11のレクレーションアイランドがあり、そのうち4つが6月から8月まで定期運航のボートでアクセスできます。最大でもっとも人気のある島が、イソ・バシッカサーリです。

ヌークシオ国立公園をトナカイと一緒にハイキング

国立公園の心安らぐツアーで、自然を心ゆくまで楽しみ、昔風の旅を体験してみましょう。ガイドが、トナカイと周りの自然について説明し、必要な用具をトナカイに載せて運びます。ツアーは、トナカイパークで終了しますが、そこで、ほかのトナカイにも会えます。ツアーの最後に、「コタ」と呼ばれる独特の雰囲気のある小屋の中で、パンにはさんだソーセージをたき火であぶってコーヒーや紅茶と一緒にいただきます。お土産の販売もあります。

タンペレでノルディックウォーキングツアー

ノルディックウォーキングツアーでは、ノルディックウォーキングのポールに親しみ、すばらしい自然の中でウォーキングを体験します。世界で一番高い砂利の尾根からタンペレの街を見下ろす機会もあります。 ツアーのハイライト: -タンペレの中心で、フィンランドのありのままの自然の中を歩く -世界で一番健康的なスポーツの一つ、ノルディックウォーキングに親しむ -ピューニッキ展望台から、タンペレの全景を見る -ピューニッキ展望台のカフェでタンペレで一番おいしいドーナツを味わう

カレリアのゲストハウスで静寂の時間を過ごす

日々の生活を離れて、何もしないで心を沈め、周囲と自分の内側の音に耳を傾けてみましょう。静かでチャーミングなゲストハウスで過ごす2日間で、休養したり、屋外で時間を過ごしたり、指導付きの軽いエクササイズをしたり、おいしい食事を食べたりしながら、心と体をリラックスして、静寂の音を聴いてみましょう。

ヌークシオのトナカイパークまでのハイキング

ヌークシオのネイチャーセンター、Haltiaからスタートするハイキングツアー。森の遊歩道を歩き、トナカイパークに向かいます。歩きながら、ガイドが動植物について説明します。 かわいらしいトナカイに会ったら写真を撮ったり、エサをあげたりしてみましょう。ラップランド式の小屋、コタでたき火を囲んでペーストリーとコーヒーを味わいます。お土産も販売しています。

オーロラツアー

伝説のオーロラツアーに参加して、北極圏の自然現象を見る確率を上げましょう。このツアーは何年にもわたりお客様から好評をいただいています。電灯の光がなく、北の空が開けていて、空が澄んでいる場所に向かいます。丘の上に行って、小屋でたき火をたき、バーベキューと温かい飲み物を楽しみながら空を見上げます。

オーロラピクニック

ホテルから出発して湖畔まで車で行き、街の明かりから(約25km)遠ざかります。運がよければ、輝くオーロラの下で短いハイキングを楽しみ、空が開けた場所でキャンプファイヤーを囲みます。空が曇っていてオーロラが見られなかったとしても、暗く落ち着いた自然の中に座っているのはスリルある体験です。キャンプファイヤーを囲んで、ガイドがホッとベリージュースを用意している間、オーロラの話、迷信や事実を聞きます。

コリ ガイド付きツアー

ガイド付きツアーで、コリの一番高い丘、女性のアッカ、男性のウッコ、悪魔のパハコリに向かいます。コリにまつわる昔話や神話を聞き、国立公園に親しみます。フィンランドで一番美しい景色の一つが見られます。歩く距離は1km弱です。

ヴァルクムサ国立公園でのガイド付きネーチャーツアー

フィンランドの湿地の自然を体験し、ヴァルクムサ国立公園をガイドと一緒に探索しましょう。鳥の歌を聴きながらリラックスして、枝から直接摘んだヘルシーなベリーを味わいましょう。国立公園での3時間のウォーキングツアーでは、本物の自然に囲まれて癒やしの時間を過ごすことができます。ツアーにはピクニックランチが含まれています。ヴァルクムサ国立公園は、南フィンランドに位置し、ヘルシンキから90分ほどです。ご要望があれば湿地までの送迎も手配できます。

ロクア国立公園

ロクアのエスカーや、砂丘、釜状凹地からは、氷河期時代の痕跡が簡単に見て取れ、フィンランドで最初にユネスコのジオパークに指定された場所です。家族連れでも楽しめる森のある砂丘に広がるトレイルでは、林床が銀色の地衣類に覆われています。釜状凹地が公園中に広がっています。

手つかずの自然の中で野生の食材に親しむハイキング

ロヴァニエミは、野生のベリーやきのこを見つけるのに最高の場所です。ベリー摘みは、アウトドアを楽しみ、美しい自然の中でリラックスするのぴったりのアクティビティです。ガイドが新鮮な食材について説明し、清らかな自然の中で見つけた食材をそのまま味わってみます。森で時間を過ごした後は、キャンプファイヤで昔ながらのパンケーキを作ります。できたてのパンケーキを摘んだばかりのベリーと一緒に味わいます。

オリノロ渓谷ガイド付きツアー

オリノロ渓谷は、サヴォ地方の七不思議の一つで、氷河期に氷で削られてできた地質学的に重要な場所です。苔に覆われた岩や木のある狭い渓谷を歩いていると自分が小さく感じます。渓谷を歩いた後は、たき火を囲んでコーヒーとソーセージを味わいます。ローカルガイドがオリノロトレイルの半日アドベンチャーにご案内します。新鮮な空気とフィンランドの森で元気になりましょう。必要であれば送迎も可能です。冬はまさに夢の国のような場所です。

ヌークシオのコテージ

ヌークシオ国立公園でコテージを借りて、泊まりでトレッキングを楽しみましょう。シンプルな10㎡のコテージには、2段ベッド、毛布、枕、テーブル、いすが用意してあり、2~4人で利用できます。寝袋あるいはベッドリネンを持参してください。 夏の間、ヌークシオ・トナカイパークでコテージのレンタルができます。

VIPアドベンチャー

冒険しながらタンペレの壮大で多彩な自然を体験しませんか。VIPアドベンチャーツアーでは、フィンランドの湖水地方での最高のアクティビティと季節の楽しみが体験できます。凍った湖で釣りをしてみましょう。乗馬で大自然を楽しみましょう。国立公園の特別な場所を探索しましょう。創造的なフィンランドのスポーツに挑戦してみましょう。専門家が提供する様々なアクティビティはお客様のために特別に用意します。

Tour de Pyhä

ピュハを3つのやり方で楽しむツアーです。ピュハヤルヴィ湖の周り(12km)をマウンテンバイクで走り、小さな川、Pyhäjoki (13 km)をカヌーで下り、Suotajaの丘(7km)の景色を見ながらハイキングします。リバーサイドで、心温まるスープとコーヒーを楽しみます。体を動かすアクティビティとやすらぎの自然を探索する、心と体にきくツアーです。参加者全員が楽しめるペースで進みます。ピュハで、感覚を目覚めさせましょう。

ワイルドフード ツアー

フィンランドは、きれいな水、広大な森、真夜中の太陽でよく知られています。そんな環境でおいしくて栄養たっぷりのワイルドフード、ベリーや野生のキノコ、ハーブ、野菜、魚、狩猟肉がとれるのです。ツアーでは、どこに行けば見つかるのか、どんな味がするのかなど、フィンランドのスーパーフードに親しみます。ガイドが旬のワイルドフードがとれる場所にご案内し、一緒にスーパーピクニックを用意します。

自然と一体になる体験 ラキンコトゥカでエコ・ウェルビーイング

ラキンコトゥカ島の自然の中で、感覚を使って自然と自分自身につながるリトリートです。リトリートでは、散歩、ガイド付き瞑想、静寂の時間、キャンプファイヤーを囲んでストーリーを聞く時間など、自然と一体になる体験ができます。海や水、森、木々の葉の音、鳥の鳴き声で自分の感覚が目覚める感じを想像してみてください。何もしないで、思いや考えが浮かんで来るのを待って、新しい自分を見つけましょう。内側から外側へ、島の自然に身をゆだねてみましょう。

コリの頂上ツアー

約1km、1時間のツアーです。歩きながら、コリの歴史と昔の信仰について、話を聞きます。同時に国家的な風景も楽しめます。このツアーでは、Ukko(ウッコ)-、 Akka(アッカ)-、Paha-Koli(パハーコリ)の3つの頂上を体験します。ツアーには、誰でも参加できます。

野生のトナカイ追跡と観察

野生の森トナカイ、あるいはフィンランドカリブーは、フィンランドと北西ロシア土着のトナカイです。寒帯のタイガの森に生息し、1年に2回、夏と冬の牧草地に移動します。フィンランドの2つの地域に1700~2000頭が生息しています。 ツアーでは、タイガの森に向かいトナカイの足跡を、季節によって、歩いたり、車、スノーシューやスキーで追跡します。昔のそうだったように自然の印を読んで、動物を探してみましょう。

Vätsäri Wilderness Special - 本格的ハイキングとラフティングホリデー

10日間の、ガイド付き本格的なキャンプとラフティングツアーです。人里離れた大自然の中で、携帯電話の電波も届きません。他の旅行者やトレイルもないところでキャンプをします。1日3食とハイキング用具が含まれます。ツアーの終わりには、心地よいウィルダネスホテルに宿泊し、イヴァロ空港、またはバスターミナルまで送迎があります。一生の思い出に残るアドベンチャーを!