VisitFinland.com

ようこそ

フィンランド政府観光局公式ホームページへ

長くて寒い冬のある国に住むフィンランド人たちは、情熱的に夏をお祝いします。ジャズや、ブルース、ロック、オペラに管弦楽などの、ミュージックフェスティバルに行く、沿岸の島々をセーリングして回ったり、コテージで、泳いで、釣りをして、グリルで料理を作って、夏ののんびりした生活を楽しむ。とても素敵なこの時期、気温も上がり、太陽は沈みません。

数字で見る夏

+15°C – +32°C

約 100 日間

沈まない太陽

ラップランドでは、2か月以上も続く長い夏の日があります。 フィンランド南部の夜も、暗くなることはありません。ぼんやりした日没の時間が数時間あるだけです。そんなわけで、フィンランドは、真夜中の太陽の国と言われています。

“テラスの季節”

フィンランド人たちが、歩道や公園のテラスで、まぶしい日差し(と、サイダー)を楽しむ季節。マーケット広場に行ってみましょう。いちごや生で食べられる豆が少しずつマーケットに登場し、ミッドサマーがやってくると、すべてのものが解凍するのです。

夏の始まり

ミッドサマーは暖かい夏が始まる日だという認識もあり、その前日から夏の休暇に入る人も多いのです。6月後半の1年で一番日の長い1日は、フィンランドの北部でのお祝いごとの大事な要素なのです。

真夜中の太陽を楽しむための方法の1つ: 信じられないほど楽しいナイトライフ

朝の3時にナイトクラブから出てきても、まるで午後3時のような感じがします。パーティーの後に、さんさんと降り注ぐ日の光の下、ビーチに向かうのはあなただけではありません!

フェスティバル

大規模なものから、小さな地元のお祭り的なものまで、短くても、素敵なフィンランドの夏の間は、毎日なにかイベントが行われます。 様々な種類のポップミュージックが演奏される大規模なフェスティバルは、何十年もの間、毎年開催され、何万という人々を動員してきました。

サマーコテージ

たいていは水辺や滝のそばにあるキャビンやコテージは、人々を忙しい日々の生活から心身ともに解放してくれます。毎日の雑事や心配事を忘れて、この国の持つ豊かでそのままの美しい自然の中で過ごす時間は、フィンランド人にとって欠かすことのできないものなのです。

Recommended Articles

コテージライフ賛歌

静寂の音に耳を澄ませながら眠りにつくことがどれくらいありますか?湖畔のコテージで鳥のさえずりを聞くのが朝の日課ですか?

Read More
フィスカルスとビルナス

ヘルシンキから車でわずか1時間。工業時代に戻るインスピレーション。

Read More
フィンランドでセーリング体験

フィンランドのバルト海沿岸とその沖にある何万もの島々は、一味違うセーリングを体験したい人にお勧めの場所です。

Read More
フィンランド人と一緒にサウナに入ろう

フィンランドとフィンランド人のことを理解したいなら、サウナについて知ることが第一歩です。

Read More
ヘルシンキの群島へ脱出

ヘルシンキの群島には大小330の島が集まっています。島々は都会の喧騒から逃れるのにうってつけです。

Read More
友だちと楽しむヘルシンキの週末

楽しいひと時、美味しい料理、ショッピング、リラックスする週末を過ごすなら、フィンランドの首都ヘルシンキがおすすめ

Read More