VisitFinland.com

ようこそ

フィンランド政府観光局公式ホームページへ

  • フィンランドの魅力を探る

    アニメーション地図をスクロールして、4つの主な地域とその魅力に親しみましょう。

  • ヘルシンキ

    フィンランドの首都ヘルシンキは、島や素晴らしい緑の公園がある、活気あふれる海辺の街です。街の雰囲気はのんびりしていますが、一方で、数多くのグルメ・レストランやナイトクラブが賑わいを見せています。もっと読む

  • 大聖堂

    カール・ルドヴィグ・エンゲルが設計した大聖堂は、元老院広場の北側にあり、ヘルシンキで一番人気の見所の一つです。大聖堂は海路でやってくる人々にとってのシンボルであるだけでなく、ヘルシンキ全体のシンボルとなっています。もっと読む 

  • スオメンリンナ

    スオメンリンナの要塞は、首都ヘルシンキの中心部からフェリーで簡単にアクセスすることができます。スオメンリンナは人気の観光地であるだけでなく、改修された兵舎に850人以上の人が住んでいる居住地区でもあります。スオメンリンナには6つの島がありますが、それぞれの島の持つ形が多彩な雰囲気を醸し出します。友だちとの楽しい週末、静かな夜の散策、ジョギングなど、島のルートや場所によって、いろいろなことができる場所です。もっと読む

  • ポルヴォー

    ポルヴォーは、可愛らしいカフェやレストラン、手工芸品のお店が建ち並ぶ、中世の名残を残す旧市街で有名です。壮麗なマナーハウスや、博物館、教会、そして礼拝堂などがポルヴォーを特徴づけています。もっと読む

  • 群島

    フィンランド沿岸には、世界で一番島の数が多い群島があります。木造建築の旧市街、灯台、歴史あるマナー、のんびりとした島のライフスタイルがフィンランドの沿岸地域の特徴です。もっと読む

  • ベンクトゥシャール

    ベンクトゥシャール灯台は、フィンランドの南端にあり、小さくて樹木のない島に立っています。北欧で一番高く、歴史ある灯台は、ガイド付きツアーでのみ見学できます。観光サービスは家族経営で、レストランでは伝統的な地元のコース料理が提供され、6室ある灯台守の部屋で宿泊できます。もっと読む

  • トゥルク

    中世のヨーロッパの街、と言われたら、どんな場所を想像しますか?街の中心に流れる川、という人もいれば、マーケット広場、お城や聖堂を思い浮かべる人もいるでしょう。それってどこかで聞いたことのある街のような気がします。そう、それがまさにトゥルクなのです。トゥルクの街はそんな中世の街の条件をすべて満たすだけでなく、活気に溢れたイベントが盛りだくさんの近代都市です。もっと読む

  • オーランド諸島

    オーランド諸島は、6,500以上の島のあるフィンランドの自治領で、公用語はスウェーデン語です。首都マリエハムンは、村のようなかわいらしい町で、海運業の偉大な遺産があり、昔から変わることのない自然のままの美しい群島の中にある唯一の都市です。 もっと読む

  • ムーミンワールド

    ムーミンは、フィンランドのくまのプーさんのような存在です。ムーミンは、作家であり芸術家であるトーベ・ヤンソンが1945年に創り出した哲学的なキャラクターです。ムーミンは、本やコミックス、漫画やテレビ番組、映画となって世界中に広がりました。ムーミンランドでムーミンたちに会うためだけにフィンランドにやってくる人がいるのも不思議はありません。もっと読む

  • 湖水地方

    森と尾根の間に広がる、湖、島、川、運河の、何百キロメートルにも及ぶ、穏やかで目を見張るほど美しい青い迷路。湖水地方への旅は、フィンランドのアイデンティティの懐に飛び込む旅でもあります。もっと読む

  • コテージとサウナ

    たいていは、水辺や丘原のそばにあるキャビンやコテージは、フィンランドでの生活に欠かせないもので、人々を忙しい日々の生活から心身ともに解放してくれる場所でもあります。白夜の時期をコテージで過ごすのは、とても神秘的な経験です。夏のコテージでは、ボートこぎ、カヌー、庭でできるゲーム、フィッシングなどが楽しめ、サウナは必須です。もっと読む

  • 何千もの湖

    フィンランドには188,000の湖があります。ヘルシンキの首都圏エリアからラップランドのイナリに至るまで、フィンランドは、清々しい青のオアシスで埋め尽くされています。フィンランドで最大の湖、サイマー湖は、東部フィンランドの湖水地方にあります。この湖は、世界の希少動物の一つとされるサイマーアザラシの棲息地域でもあり、湖岸にはいくつかの都市が面しています。もっと読む

  • タンペレ

    人口20万超のタンペレは、フィンランドでは大都市と言えますが、それでも小さな街のような雰囲気を保っています。街の中心はコンパクトで、フレンドリーかつカジュアルな魅力でいっぱいです。もっと読む

  • サヴォンリンナ

    サイマー湖畔にあるサヴォンリンナは、街で過ごす休暇にも、湖畔のコテージでの休暇にも適した場所です。最大のカルチャーイベントは、中世のオラヴィ城(Olavinlinna)で毎年開催される、サヴォンリンナ・オペラ・フェスティバルです。もっと読む

  • Lapland

    フィンランドのラップランドは、私たちが夢見る冬のワンダーランドに一番近い場所と言えるでしょう。オーロラは1年間に200晩以上、その姿を現します。 24時間沈まない夏の太陽、暗くて青い冬の日々などに代表されるコントラストがラップランドの重要な要素です。もっと読む

  • 特別な宿泊施設

    自然が繰り広げるもっとも壮大な光のショー、オーロラは、ガラスのイグルーから豪華なスイートルームまで、特別な場所から楽しむことができます。もっと読む

  • サンタクロース

    世界でたった一人の本物のサンタクロースは、フィンランドからやってくるということは、みんなが知っています。しかし、サンタクロースに1年中会えるということを知らない人もいるのです。ロヴァニエミの北極線が通る神秘的な場所にあるサンタのオフィスは、1年中オープンしていて、誰でも喜んで迎え入れてくれます。もっと読む

  • ケミのスノーキャッスル

    ボスニア湾に面した場所にあるスノーキャッスルは、壮大なおとぎ話の世界のようです。スノーキャッスルの中には、レストラン、ホテル、チャペルなどがあります。毎年冬になると異なる設計で再建され、子供も大人も素晴らしい体験ができます。もっと読む

  • Northern lights

    多くの人にとってオーロラに遭遇してワクワクするのは、一生に一度の体験です。フィンランドは、オーロラを見るのに地球上で一番の場所です。オーロラは、フィンランドのラップランドで1年間に200晩以上、その姿を現します。 もっと読む