Skip to main content.

1月から2月にかけて、北部および東部フィンランドは、たいてい雪に覆われています。ヘルシンキには、あまり雪がなかったとしても、ラップランドのゲレンデには、1メートル以上もの雪が積もっていることが多いのです。北部の雪のシーズンは、11月に始まり、少なくとも5月の始めまで続きます。南部と中部では、12月の始めに初雪が降り、3月の終わり、もしくは、4月に雪解けの季節を迎えます。

数字で見る冬

-30°C – 0°C

約 120 日

ホワイト・アクティビティ

ダウンヒルスキー、クロスカントリースキー、犬ぞり、スノーモービルサファリ、そして、アイススケートやアイスフィッシングも楽しめます、冬は、フィンランドの1年の約半分を占めるので、フィンランド人は、たくさんの楽しいアクティビティが必要なのです。

冬を楽しもう

 新鮮で乾燥した空気のせいで、-20℃でも思っていたほど寒く感じないので、びっくりするかもしれません。。フィンランドの乾燥した大陸性気候は、中央ヨーロッパの湿った冷気ほど寒く感じられません。また、フィンランド人はそのような気候に慣れているので、どんなことでもスムーズかつ時間通りに進みます。

コントラスト

極北の地、ウツヨキでは、極夜が2カ月近く続きます。フィンランドのどこに行っても、昼間の時間は短く、太陽は真昼でも、水平線上の非常に低い場所に位置しているのです。ラップランド地方では、4月半ばまで、たくさんの雪が残り、南部では小雪が舞うこともありますが、太陽は南部で14~16時間、北部では16時間ほど水平線の上に留まります。

リフレッシュ

アイススイミングの醍醐味は、水からあがったときに全身を突き抜ける感覚でしょう。冷たい水の中に入るのは本当に勇気がいりますが、最初の衝撃と足の感覚がなくなる感じは、束の間のものです。

サンタの国

サンタクロースはフィンランドからやってくるということは、みんなが知っています。でも、フィンランドの昔ながらのクリスマスというのは、聖ニコラスやサンタからのプレゼントのことだけではないのです。フィンランド人は、この季節を、ゆっくりと、愛する人たちとともに過ごしたいと願っています

スケートに、そりに

いったんコツをつかんだら、寒さを楽しむ一番スリリングな方法の一つは、間違いなくスケートです。自然の静寂あふれる湖や海に出かけてもよし、街のにあるスケートリンクに行くのもよいでしょう。

北の国の冬

フィンランド人は雪と氷のエキスパート、冬を存分に楽しむ方法を知っています。

こちらもお楽しみください

フィンランドで撮影された最高に美しいオーロラの写真 8 楽しみながら滑る - クロスカントリースキー フィンランド式瞑想 - アイスフィッシング フィンランドで絶対外せない10のスキーリゾート お手頃なものから高級店までラップランドのユニークなレストラン 5 フィンランド南部でアイススケート