ヘルシンキ

フィンランドの首都、ヘルシンキは、島や素晴らしい緑の公園のある、活気あふれる海辺の街です。街の雰囲気はのんびりしていますが、一方で、数多くのグルメ・レストランが賑わいを見せています。

数字で見るヘルシンキ

620,982 人
100 km の海岸線
300+ 島
1000以上の おしゃれなバーとショップ
1 海の要塞

ヘルシンキのナイトライフ

コンパクトな街、ヘルシンキには、たくさんのバーやクラブがあり、バーからバーへ、歩いて簡単に移動できます。リストを参考にフィンランドの首都でバー巡りはいかがでしょうか?

水辺の要塞、スオメンリンナ島

スオメンリンナの要塞は、ユネスコの世界遺産に登録されており、フィンランドでもっとも人気のある名所の1つです。 美しいスオメンリンナ島へは、ヘルシンキのマーケット広場から、フェリーでわずか15分。 スオメンリンナは6つの島で構成されていて、それぞれに違った魅力を楽しめます。友だちとの楽しい週末を過ごす、静かに夕べの散歩を楽しむ、ピクニックに行く、ジョギングをする・・・。島にある様々なルートやロケーション、レストランやカフェ のおかげで、あらゆることが楽しめるのです。

 

 

都会の喧騒を離れる

街の喧騒を逃れて少し遠くに行きたくなったら、シポーンコルピとヌークシオの2つの大きな国立公園に行ってみましょう。 どちらもヘルシンキのシティーセンターから、バスで簡単にアクセスできます。

冬のヘルシンキ

スキーから凍った海でのスイミングまで、ヘルシンキでの冬のアクティビティは、実に多彩で、楽しいものばかりです!

 

 

カッリオ地区

上流階級の町、プナヴオリ地区の20年前のような様子を見せるカッリオ地区は、若くて、幅広い層の事業家が集まって来て、様変わりを見せました。トレンディーなカフェやブランチスポット、ブティックがお店を展開することで、その荒れた魅力は少し変化しましたが、その独特な雰囲気は、まだ失われていません。

インスピレーションを与えてくれる建築

フィンランドのナショナル・ロマン主義の動きは、20世紀初頭に盛んになりました。フィンランドのアールヌーボーは、民族叙事詩カレワラからも多大なインスピレーションと影響を受けています。

 

レストランディ

レストランディは、2011年にヘルシンキで生まれ、主にソーシャルメディアを通じて、世界的なムーブメント、「フード・フォー・オール」に発展しました。レストランディは、1年に4回、30か国以上の家や庭でレストランが開かれるまさに特別な日です。。

魅力的な古都ポルヴォー

ポルヴォーは、その歴史を中世までさかのぼり、素敵なカフェや、レストラン、手工芸品のお店などが所狭しと並ぶ、チャーミングな旧市街で、よく知られています。美しいマナーハウスや、博物館、教会などが、特徴的です。

こちらもお楽しみください

ヘルシンキ・デザインディストリクト

インテリアデザインショップ、ファションブティック、ジュエリー、アンティークショップ、ギャラリー、博物館、レストラン、ホテル、デザインエージェンシー、ヘルシンキのデザインディストリクトにはすべてが揃っています。

もっと読む
ヘルシンキでクリスマスを楽しむ

クリスマスにぴったりの街、フィンランドの首都ヘルシンキのクリスマスイルミネーション、ヘルシンキクリスマスマーケット、温かい飲み物は活気のある街に暖かさを醸し出します。

もっと読む
ヘルシンキのビストロスタイルを求めて

フィンランド産の食材を斬新に使った料理は、新しいスタイルの北欧料理 の一部となっています。くつろいだ雰囲気に浸りつつ、味わうのが、まさにヘルシンキのビストロスタイルです。

もっと読む
ヘルシンキの群島へ脱出

ヘルシンキの群島には大小330の島が集まっています。島々は都会の喧騒から逃れるのにうってつけです。

もっと読む
友達と楽しむヘルシンキの週末

おいしい食べ物、ショッピング、アトラクションなどを楽しみリラックスした週末を過ごしたいなら、ヘルシンキが一番です。

もっと読む
ヘルシンキ郊外の素敵な場所

ヘルシンキからはどの方向に向かっても、思い出に残る体験ができます。日帰り旅行でも、1週間の滞在でも! フィンランド旅行をする人のほとんどが首都ヘルシンキに滞在、あるいは、立ち寄ります。ヘルシンキは、美しい島や素晴らしい緑地のある活気あふれる海辺の街です。ヘルシンキでは、地元の人々が創り出した文化とともに活気に満ちたフード、デザイン、建築、サウナが楽しめ、美しくユニークなリズムが感じられます。 何か新しいものを体験したいと思っているなら、ヘルシンキの郊外にも行ってみましょう。郊外にも素敵な場所があります。食通でもカルチャー好きでも、歴史ファンでも、ヘルシンキから北へ、南へ、東へ、西へ向かって面白い場所を見つけませんか。 ヘルシンキから東西南北、郊外にあるおすすめの場所をご紹介します。   上の写真:Mustion Linna(ムスティオン・リンナ)2019年10月発行の記事。 …

もっと読む
ヘルシンキ・デザインディストリクト ヘルシンキでクリスマスを楽しむ ヘルシンキのビストロスタイルを求めて ヘルシンキの群島へ脱出 友達と楽しむヘルシンキの週末 ヘルシンキ郊外の素敵な場所 ヘルシンキ フィンランドの首都、ヘルシンキは、歩いて簡単に見て回ることができます。デザイン、建築、カルチャー、ショッピングも楽しめ、かつ、大きな公園や、森、湖、そして300もの島のある湾岸など、自然にも囲まれています。言うまでもなく、ヘルシンキでは、1年中毎日なにか楽しいことが起こっています。 myhelsinki.fi エスポー 人口を見ると、エスポーは、フィンランドで二番目に大きな都市ですが、この街は、非常に拡散していて、小さな街が集まっている場所のように感じるのです。ヘルシンキに隣接するエスポーには、近代美術館エンマと市立劇場があり、カルチャー・ファンには外せない場所です。アウトドア派には、ヌークシオ国立公園がお勧め。こじんまりとしたブティックを抱えた二つの大きなショッピングセンターは、ショッピング好きの心をつかんで離しません。 visitespoo.fi ヴァンター ヴァンターも、エスポーと同様、ヘルシンキに隣接し、シティセンターと呼ばれる場所がない都市です。ヘルシンキ・ヴァンター国際空港があるため、ハブの役割を果たしています。サイエンス・センター・ヘウレカは、幅広い年齢層に人気で、ヘウレカで脳が刺激された後は、ユンボ・ショッピング・センターや隣接するフラミンゴ・スパ・ワールドを楽しみましょう。コンサートを楽しんだり博物館、古い教区村や教会などが見どころです。 visitvantaa.fi ポルヴォー と ロヴィーサ ポルヴォーは、可愛らしいカフェやレストラン、手工芸品のお店が建ち並ぶ、中世の名残を残す旧市街で有名です。見どころは、壮麗なマナーハウスや、博物館、教会、そして礼拝堂など。また、ポルヴォーにほど近いロヴィーサも、旧市街やストロムフォース鉄工所、海の要塞がある美しい街です。 tourism.porvoo.fivisitloviisa.fi トゥースラ湖 ヘルシンキから30分、ヘルシンキ・ヴァンター空港から15分のトゥースラ湖を訪れるのは、フィンランド全域をミニチュアで体験するようなものです。首都からそんな近い場所に自分がいるのだということが信じられないくらい、湖畔は美しくなんとも静かです。 laketuusula.fi