湖水地方の素敵な宿泊施設、カフェなど

夏のフィンランドを旅してみると、緑と青の二色が、風景を圧倒しているということに気付くでしょう。森に覆われた大地のあちこちに見える湖、またはその反対の風景、そんな風景ゆえ、フィンランドは「1000の湖のある国」というニックネームで呼ばれるようになったのです。

 

水はフィンランド人にとってとても大切なもので、湖水地方への旅は、フィンランドのアイデンティティの懐に飛び込む旅でもあります。家だけでなく、何百万のサウナや居心地のよいコテージが水辺にあります。

湖水地方には、歴史ある素敵な街がたくさんあり、その多くが電車で簡単に行ける場所です。

フィンランドの湖水地方の青い景色に囲まれて、食事をしたり飲み物を楽しんだり、宿泊したりするのに最高の場所をご紹介します。

湖水地方

湖水地方は陸地よりも湖水の面積が多い地域です。この地域の中心にはフィンランド最大の湖であるサイマー湖があります。湖岸にはいくつかの都市があり、湖は絶滅の危機にあるサイマーアザラシの生息地です。

湖水地方