自然享受権 - 散策する権利

フィンランドにおいて自然はありのままであるだけでなく、無料です。フィンランドの法律により、住民もフィンランドを訪れる人々も、個人が所有する場所であっても自由に自然の中を歩いて食物を採集したり、釣りをしたり、自然の中でレクレーションを楽しんだりする権利が与えられています。

自然享受権(フィンランド語で Jokamiehen Oikeudet)として知られる特別な権利は、国土の75%以上を占める広大な森から188,000の湖、南部と北部の沿岸に沿ってフィンランドの群島を形成する多くの島々まで国中で適用されます。

フィンランドについて

四季、白夜と極夜、都市部といなか、東と西 - 魅力あふれるコントラスト

フィンランドについて