フィンランド人と一緒にサウナに入ろう

フィンランド人と一緒にサウナに入ろう

フィンランドとフィンランド人のことを理解したいと思ったら、サウナに親しむことから始めましょう。

サウナは、他のどんなものとも比べものにならないほどフィンランド文化の大切な要素です。フィンランド人にとって、サウナは定期的に入らなければならないもので、長い間サウナに入らないでいると、なにか大切なものが欠けているかのように感じられます。何世紀にもわたり、サウナは肉体的にも精神的にも浄化の場所であり、その言葉のあらゆる意味において裸になって、人間のコアの部分を感じるための場所として存在してきました。フィンランドにおいて、サウナは日常的なもので、生後数か月で初めてのサウナを経験し、そこから終わることのない習慣が始まります。

誰かと一緒にサウナに入るということは、単なるおしゃべりではなく、心の触れ合いであり、本当の問題について心と心で話し合うことを意味します。フィンランドでは、重要なことは会議室ではなく、サウナで決断されます。歴史を通じて、サウナのないフィンランドは存在しませんでした。

フィンランドには、540万人のフィンランド人が同時に入るに足りる数のサウナが存在すると言われていますが、それは本当で、サウナの数は2~300万個だと推定されています。フィンランドのサウナ文化について、10のポイントに絞って簡単にご紹介します。

フィンランドは

四季、真夜中の太陽と冬の暗闇、都会と田舎、東と西など、 魅力あふれるコントラストのある国です。

サウナについて知っておくべき10のこと

  • 1. 様々な種類のサウナがありますが、一番一般的なのは電気ストーブや薪ストーブで暖めるサウナとスモークサウナです。スモークサウナの中は暗くて煙突はありません。サウナに煙を充満させて火を消し、煙を外に逃がします。

  • 2. 公共のサウナではまず受付で料金を払い、更衣室で着替えます。(更衣室は男女別になっています。水着着用が必須のサウナもあります。施設により異なりますので、その都度ご確認ください 。)

  • 3. タオル、体を洗うのに必要なもの、水着は持参することをおすすめしますが、たいていの場所でレンタルできます

  • 4. 公共のサウナでは男女別のサウナがあります。男女混合のグループで全員が同意すれば男女一緒にサウナに入ることもあります。家族はたいていみんな一緒にサウナに入ります。

  • 5. 「Löyly(ロウリュ)」は、サウナストーンに水をかけたときの蒸気と熱を意味する言葉で、心と体をリラックスさせる効果があります。サウナは、子供からお年寄りまで誰もが毎日楽しめるものです。開いた傷口のある人や、心臓に問題がある人などはサウナに入るのを控えましょう。

  • 6. フィンランド人は、同性なら知らない人たちと一緒でも裸でサウナに入ります。でもまったく恥ずかしいことはありません。それはとても自然なことなのです。どうしても恥ずかしいと感じるなら、水着やタオルを着用しても大丈夫です。サウナに入っている他の人たちをジロジロ見るのは失礼だと見なされます。

  • 7. 「ヴァスタ」または「ヴィヒタ」(地域によってその呼び名は異なります)は、サウナでやさしく体をたたくのに使われる新鮮な白樺の若葉の小枝の束です。少し変わった習慣に聞こえるかもしれませんが 肌にとてもよいのです。後で肌がツルツルになったのが分かるはずです。

  • 8. もっとロウリュを感じたいと思ったときには、サウナストーブに水をかけましょう。熱すぎると感じたら下のベンチに移動したり、シャワーを浴びたり、泳ぎに行きましょう。

  • 9. サウナに入って身も心もリフレッシュ された後の、この上なく幸福な気分をじっくり楽しみましょう。フィンランド人にとって、サウナは神聖で静寂、特別な場所で、行儀良くふるまう必要があるという感覚を持っています。しかしサウナではリラックスすることも大切です。リラックスして気楽に構えていきましょう。

  • 10. サウナに関しては、特に絶対的なルールというものがありません。それは、それぞれの場合で異なるのです。もっとも重要なのは、リラックスして周りの人と話すことや飲み物を飲んでその時にしか味わえないフィーリングを楽しむことです。サウナは身も心もリフレッシュ される場所で、フィンランドの文化のとても重要な要素です。

フィンランドの最高のサウナ

一つ一つのサウナが大切なものですが、その中でも特に最高なサウナ100をリストアップしました。

Pohjolan Pirtti(ポフヨラン・ピルッティ)

本格的なフィンランドの夕べを体験しませんか。昔ながらのサウナと薪で暖めたホットタブを楽しみ、昔のファームハウスで伝統的なワイルドフードを味わいます。サウナエルフがフィンランドのサウナの歴史と伝統を説明するサウナツアーにご案内します。3種類のサウナでリラックスして、地産のワイルドフードの飲み物をお楽しみください。地元のごちそうを味わうディナーは、本館、100年以上の歴史ある Pohjola(ポフヨラ)のファミリーハウスでお出しします。

もっと読む

Lucky Ranch(ラッキー牧場)のサウナ

Lucky Ranch(ラッキー牧場)に到着したら、まずは牧場に親しみます。伝統的なフィンランド式サウナのやわらかな熱と白樺の心地よいアロマでリラックスしましょう。ディープクレンジングとスキンケアができる泥マスクで、お肌がつやつやになります。星空の下でホットタブに入って新鮮な空気をお楽しみください。プログラムには、地産の食材で作ったおやつも含まれています。追加料金で送迎もいたします。

もっと読む

Lehmonkärki Resort’s unique sauna world(レフモンカルキ・リゾート)のユニークなサウナワールド

Lehmonkärki (レフモンカルキ)のユニークなサウナワールドは、Päijänne(パイヤンネ)湖に隣接し、ガラス張りのパノラマサウナ、100年の歴史ある煙突のないサウナ、電気ストーブ式サウナ、そして最新のイグルーサウナの4つのサウナが楽しめます。イグルーサウナは夏の間は絶え間なく暖められています。サウナとホットタブがあり、他では楽しめない独特のサウナワールドです。ガラス張りのパノラマサウナからはパイヤンネ湖が目の前に見え、夏には真夜中の太陽、秋と冬には星の輝く空を楽しむことができます。さらに湖で泳ぐこともできます!

もっと読む

Petäys Lakeland Resort(ペタウス・レイクランドリゾート)

Petäys Lakeland Resort(ペタウス・レイクランドリゾート)はヘルシンキまたはタンペレからわずか1時間の場所にあり、フィンランドのサウナ体験が満喫できます。4種類のサウナ + 2つの屋外ジャグジー、そして2つの木製の温かいお風呂があり、Vanaja(ヴァナヤ湖)で泳いでリフレッシュすることもできます。各種トリートメントやリラックスプログラムもあり、おいしいサウナメニューの料理もお楽しみいただけます。伝統的なスモークサウナは急がずゆっくりとした時間を過ごしたい方にぴったりです。昔ながらの方法で暖めるスモークサウナでは、ゆっくりと時間をかけた心地よいサウナ体験がお楽しみいただけます。スモークサウナを暖めるには5~6時間かかりますが、一度サウが暖めれば、その後は薪をくべる必要がありません。穏やかで一定の暖かさが続き、心地よくサウナが楽しめます。スモークサウナの煙は、事前に換気されるのでサウナの中で煙を吸う心配はありません。

もっと読む

Koli(コリ)リラックススパ

Koli(コリ)リラックススパは、贅沢で素晴らしい景色の楽しめるフィンランドでも独特のスパです。立ち止まって自分のウェルビーイングを見つめ直す時間をとりましょう。 ソルトクリスタルフットスクラブ、ボディスクラブ、デトックスマスク、ハンドトリートメント、ボディローションの 5つの Lumene スキンケア製品の入った Koli Spa Pail(コリ・スパペール) を差し上げます。

もっと読む

Tulli(トゥッリ)サウナ

Tulli(トゥッリ)サウナは、タンペレの中心にある都会の公共サウナです。2つのミックス(混浴)サウナでリラックスしたり、ビストロのごちそうを楽しんだり、インスピレーションが感じられるスタイリッシュな会議室やワークスペースで仕事をしたりすることができます。Tulli(トゥッリ)サウナのビストロでは、高級でくつろいだ雰囲気の中でフィンランドの味が楽しめます。

もっと読む

Kairosmaja(カイロスマヤ)で湖畔のサウナとスモークサウナ

Kairosmaja Fell Center(カイロスマヤ・フェルセンター)は Pyhäjärvi(ピュハヤルヴィ)湖畔の Pyhä(ピュハ)にあります。Kairosmaja という名前は、ギリシャ語で神様の瞬間という意味の「kairos」とフィンランド語でロッジを意味する「maja」に由来します。Kairosmaja には充実した設備が備わっています。自然の中でお一人またはグループで冒険を楽しんだ後は、本格的なサウナでリラックスし、冬は凍った湖に開けた穴から水に浸かったり、オーロラチャペルに行ってみてください。サウナは毎日15~17時まで、水曜日は19時までご利用いただけます男女別の更衣室とサウナがあります。

もっと読む

アークティック・フォレストスパ – Metsäkyly(メッツァクル)

自然とフィンランドの豊かなサウナの伝統からインスピレーションを受けた Metsäkyly は、北極圏の森の中で生命力を促進する暖かさとリラクゼーションが楽しめる場所です。Metsäkyly のサウナは一度に50人が利用でき、サウナの暖かさが満喫できます。Metsäkyly の伝統的なサウナに加え、Mökö(モコ)サウナのリラックスできる蒸気もお試しください。

もっと読む

Järvisydän(ヤルヴィシュダン)レイクスパ

新しいレイクスパでは、フィンランドならではの湖畔でのウェルネスが体験できます。自然の岩の中に造られたスパの大きな窓からは、サイマー湖が見渡せます。建物は森の地形の中に隠されていて、スパの中には湖水とともに樹齢500年の木もあります。ナチュラルビューティートリートメントやヨガクラスで、自分自身にご褒美をあげることもできます。

もっと読む

Naantali Spa(ナーンタリ・スパ)

Naantali Spa(ナーンタリ・スパ)では、様々なスパとビューティートリートメントがお楽しみいただけます。 歴史ある中世の修道院の街ナーンタリは、18世紀の初めからリフレッシュ効果のある水で知られています。今日、この地域はスパとレクレーションが楽しめる場所として知られ、訪れる人々にウェルネスサービスを提供しています。

もっと読む

Allas Sea Pool(アッラス・シープール)

Allas Sea Pool(アッラス・シープール)には、大きな真水の温水プール、大きな海水プール、子供用の温水プールの3つの屋外プールがあります。本格的なサウナ体験ができる3つのサウナがあり、女性用、男性用、グループでレンタルできるサウナとなっています。水着とタオルのレンタルもあります。入場料には、プールとサウナの利用料が含まれています。

もっと読む

Yrjönkatu(ウルヨンカトゥ)スイミングホール

Yrjönkatu(ウルヨンカトゥ)スイミングホールは1928年6月4日にオープンしました。何十年にもわたりフィンランド唯一の公共のプールとして存在していました。このスイミングホールは、当時の印象的な階級主義の例として重要な建築物です。何十年もの間元々の建築が保存されています。男女別の利用時間があり、水着の着用してもしなくても大丈夫です。

もっと読む

Rajaportti(ラヤポルティ)サウナ

タンペレのピスパラ地区にある Rajaportti(ラヤポルティ)サウナは、1906年に開業したフィンランド現存最古の公共サウナです。サウナに入ると、フィンランドのサウナ文化をタイムトラベルをしているような気分になることでしょう。長さ1メートルの薪木を何本も焚くことで、重さ1トン以上のサウナストーンが真っ赤になるまで暖められます。サウナの魂とも言えるロウリュが吹き出し一晩中続きます。はじめのうちは鋭く乾いたロウリュが、次第に柔らかく潤ったロウリュが噴き出てきます。男女どちらの更衣室も、15~20人まで収容可能です。中庭の反対側にはサウナと同時に営業している居心地のよいカフェもあります。

もっと読む

Rauhaniemi(ラウハニエミ)公共サウナ

Rauhaniemi(ラウハニエミ)公共サウナは、Näsijärvi(ナシヤルヴィ)湖畔にあり、サウナとこぢんまりしたビーチで素敵な体験ができます。夏にはお天気にも寄りますが、ビーチにカフェがオープンします。1年中湖の水に浸かってリフレッシュできます。Rauhaniemi(ラウハニエミ)は、Lapinniemi(ラピンニエミ)地区の Keskustori(ケスクストリ)中央広場からわずか2~3km の場所にあり、バスで簡単にアクセスできます。またビーチの近くに駐車場もあります。

もっと読む
Loading results