サステナブルなフィンランド

配慮すること、大切にすること、楽しむこと、いつくしむこと。フィンランドではこれらのマントラを心にとめておけば、さらに素晴らしい滞在が楽しめるだけでなく、フィンランドの美しい自然を保全することにも貢献できます。手つかずでありのままの自然は、フィンランドの生活の中心にあり、とても大切なものです。フィンランドにはサステナブルな生活や環境との調和が深く根ざしていて、それらは責任ある旅に欠かすことができないものです。自然や野生生物だけでなく人々や長い間続いている習慣にも配慮することが必要です

サステナブルツーリズムは、エコロジカルフットプリントを減らし、その土地の文化を尊重することにより、自然、社会、経済に良い影響を与えるように努力することです。環境にやさしい旅の方法を選び、リサイクル、再利用、総消費量とごみを削減して自然をクリーンに保ちましょう。地産で倫理にかなった食べ物と商品を選び、地元社会と伝統に配慮しましょう。
このセクションでは、倫理的かつサステナブルに生活するフィンランド流のやり方をご紹介します。見識のある旅行者としてフィンランドを旅する際に最良の選択をしましょう。

map

 

スローフィンランド

フィンランドらしさの魅力を探りたいと思ったら?スローダウンする時間をとりましょう。訪れる場所や人々のことを本当に理解するには時間が必要です。

できれば車ではなく電車で移動して、歩いたり自転車に乗ったりして周囲を探索しましょう。ほとんどの都市や小さな町にはレンタルバイクがあります。ヘルシンキ市のレンタルシステムはヨーロッパで一番人々に利用されているものです。ラップランドの丘に向かうのでも沿岸沿いの眺めのよいルートでも、湖水地方の美しい湖を湖岸から探索するのでも、自転車が最高です。フィンランド人は自然との結びつきが強いので、ほとんどどこに行っても近くに歩いたり、サイクリングしたり、走ったり、冬にはスキーもできるトレイルが見つかるでしょう。

もっと読む

 

世界でいちばん幸せな国

動画を見る

オーガニック、フェアトレード、環境に優しい、倫理的、ぜひぜひ!

エコ表示のついた製品を選び真剣に環境保全に取り組んでいる場所に旅をすることで、海外旅行が環境に与える負担をオフセットしましょう。
休暇中にできるだけ、一番サステナブルな選択ができるようにフィンランドの重要なエコ表示とロゴをご覧ください。

hyvää suomesta マーク

Hyvää Suomesta マークは、フィンランドの加工食品につけられるものです。食品会社が、フィンランド産の食材で作った加工食品に任意で表示します。
詳細はこちら。

Nordic swan エコ・マーク

厳正な環境基準を満たすフィンランドの製品、ホテル、レストランだけが表示できるエコ・マークです。エネルギー効率、素材、化学薬品、原材料から最終製品までが含まれます。
詳細は こちら。

きれいな群島を保全する

Pidä Saaristo Siistinä ry(きれいな群島を保全する会という意味)はフィンランドの環境保護団体で、フィンランド沿岸と群島の環境保全に取り組んでいます。フィンランドと周辺の全水域でのセーリングやレジャーなども支援しています。詳細はこちら。

green key エコ・マーク

Green Key は環境責任とサステナブルな事業に関して卓越した水準を満たしていることに対して授与されるものです。フィンランドでは、ホテル、小規模な宿泊施設、キャンプ場、観光スポットなど約70カ所に Green Key が授与されています。詳細は こちら。

Eceat Finland マーク

ECEAT (European Centre for Ecological and Agricultural Tourism) は、有機農業、サステナブルな土地利用、自然環境保全、文化遺産と伝統的な田舎の風景の保全を促進、支援しています。詳細は こちら。

フィンランドのオーガニック食品マーク

Luomu はフィンランドのオーガニック食品マークで、管理された有機生産を意味して、フィンランド農林省の検査機関による公式マークです。このマークのついたすべての食品はEUの有機基準を満たさなければなりません。詳細はこちら。

.

eko kompassi マーク

Eko Kompassi は中小企業とイベントの環境管理システムに関するものです。このマークは、EcoCompass の10基準 を見たし、継続的に改善を続けていることを証明するものです。

フィンランドの新エネルギー効率協定の期間は2017年から2025年までの予定です。この協定に加入し、エネルギー効率改善に取り組むことにより、企業または都市はフィンランドがよりエネルギー効率のよい国になることに貢献します。詳細は こちら。

休暇中にできるサステナブルなこと

My Stay で見つけて保存しましょう

こちらもお楽しみください

フィンランドの森の恵み

フィンランドで採れるベリーや果物には、甘味やビタミン、フラボノ成分が凝縮されています。

もっと読む
フィンランドの国立公園を楽しむ

フィンランドには39の国立公園があり、群島、湖、森、泥炭、山など、国中に散在しています。

もっと読む
ユネスコ世界遺産

フィンランドには、素晴らしい7つのユネスコ世界遺産があります。

もっと読む
フィンランドの素晴らしき野生動物

フィンランドには、手つかずの自然と、世界でもあまり見かけなくなった野生動物に出会える、希少な大自然があるのです。

もっと読む
ボートで(ゆっくり)湖水地方を訪れる

車が発明される以前、湖水地方では水路が主な交通手段でした。現代でもフィンランドの湖水地方を巡るにはボートが一番です。

もっと読む
群島でサイクリング

氷河期時代に形成されたトゥルク群島は、大小2万を超える島々で構成されています。

もっと読む
フィンランドの森の恵み フィンランドの国立公園を楽しむ ユネスコ世界遺産 フィンランドの素晴らしき野生動物 ボートで(ゆっくり)湖水地方を訪れる 群島でサイクリング フィンランドの良さを満喫する方法 フィンランド人は、昔から自然が自分たちの面倒をみてくれていると考えています。それゆえすべてのことにおいて、配慮しなければいけないことがあり、それは旅をすることにおいても共通です。旅先では、地元のものやサービスを選び、公共の交通手段を使い、エコ表示のあるホテルやレストランを利用してみてはいかがでしょうか?「環境にやさしい」フィンランドの良さを満喫する8つのヒントをお読みください。 もっと読む 自然享受権 フィンランドにおいて自然はありのままであるだけでなく、無料です。フィンランドの法律により、住民もフィンランドを訪れる人々も個人が所有する場所であっても自由に自然の中を歩いて食物を採集したり、釣りをしたり、自然の中でレクレーションを楽しんだりする権利が与えられています。「自然享受権」 (フィンランド語で、Jokamiehen Oikeus)と呼ばれるものです。 もっと読む フィンランドのサマーコテージ 新鮮な空気とピュアな自然に囲まれて静かでやすらぐ場所があるということが現代の贅沢といえるでしょう。フィンランドのサマーコテージでは、そんな贅沢が体験できます。そんな体験を最大限に味わうには、日々の仕事を忘れて自然に導かれてみましょう。小さな一歩を踏み出すことでフットプリントが削減できます。 もっと読む 世界でいちばん幸せな国 スローフード – フィンランド流 スローフードはフィンランドの生活様式に根差していて、文化の中心にもなっています。ゆっくりとしたペース、シンプルさ、信頼性を尊重するのがライフスタイルの一部です。自然からとれる純粋でヘルシーな食材を何世代にもわたって受け継がれてきた伝統的な方法で料理します。フィンランドではこのゆっくりしたペースをぜひ楽しんでください。どんなふうに楽しむのかは以下でお読みください。 もっと読む ヴィーガンのヘルシンキ 地球を救うために確実にできることの一つが、お肉の消費量を減らし、その代わりに(地産の!)野菜からプロテインを摂取しましょう。ヴィーガン食はドレッシングもかかっていないレタスやただの豆だというわけではありません。おいしいヴィーガン料理がたくさんあります。ヘルシンキの多くのレストランが独自の方法でトレンドセッターの顧客をひきつけようと工夫を凝らしていて、ヴィーガンという選択枠がより一般的になってきました。 もっと読む     フィンランドのワイルドフード専門家 フィンランドはワイルドフードの国です。ベリー、きのこ、野生のハーブ、植物、モス、地衣類、トウヒ、芽、魚、ジビエ、トナカイなどはすべて北国の純粋な自然の中でとれるものです。スーパーフードの味は独特です。フィンランドのワイルドフードの一流シェフに会いにレストランに行きましょう。 もっと読む サステナブルなデザイン フィンランドにおいてデザインは気持ちに相当するもので、すっかり日常生活の一部になっています。それは不朽の美しさ、サステナビリティ、自然界との調和を大切にする生活様式です。 もっと読む スローファッション スローファッションの価値観はフィンランドのライフスタイルの一部です。フィンランド人は自然と調和しながら生活し、シンプルなものに美しさを見出します。少ないもので暮らすことがより環境にやさしいということを知っていて、それによって心が落ち着きます。 もっと読む ヘルシンキのヴィンテージ ショッピングを楽しみたいけれど、地球の未来が心配だという人は?ご心配なく。セカンドハンド、アンティーク、ヴィンテージはもれなく独特でしばしば新しいものを買うより質が高いものです。洋服でも家具でも、収集品でも、ヘルシンキは過去のお宝を探すのに最高の場所です。不朽でエコ、倫理にかなった美しいフィンランドデザインがきっと見つかります。 もっと読む