Food

ヘルシンキでヴィーガン料理

ヴィーガン(完全菜食主義)は、現代社会の大きな動向の一つで、フィンランドも例外ではありません。スーパーマーケットには、興味深い植物性の新商品が並び、ヴィーガン料理が食べられるレストランも増えてきました。フィンランドの輸出製品ナンバー1が、プルドオーツ(オート麦)になる日も近いかもしれません。本当に! フィンランドの首都ヘルシンキは、この動向の最先端にあります。ヴィーガン料理だけというレストランはまだまだ少ないものの、多くのベジタリアンレストランで、完全菜食の食事が食べられるようになっています。さらに、ほとんどのモダンなレストランでは、ヴィーガン料理がメニューに加えられています。完全菜食主義の人も、そうでない人も一緒に食事できる場所があるというのはうれしい限りです。 ヘルシンキでヴィーガン料理が楽しめるお勧めのお店を紹介します! by Olli Oilinki & Katja Karjalainen …

もっと読む
フィンランドのマイクロブルワリーと蒸留所を巡る

世界中でクラフトビールの醸造と蒸留酒のルネサンスが起こっていますが、フィンランドも独自のブランドで名をあげています。厳選したお酒を少量ずつ職人技で製造する醸造所と蒸留所は、地域の食の伝統を保存しようとするスローフードの流れとも調和しています。過去とその開拓精神を忘れることなく、フィンランドでは、郷愁と冒険心をかきたてるユニークなお酒が製造されています。

もっと読む
フィンランドの海でクルーズ

休暇中に、さらに休暇を取ってみませんか?クルーズ船に乗って、美しいフィンランドの沿岸を旅したり、隣国のスウェーデンやエストニア、ロシアに、さらにドイツまで行ってみてはいかがでしょうか。食事やエンターテイメント楽しみながら、フィンランドのクルーズを満喫しましょう。

もっと読む
フィンランドの田舎を訪ねる

夏になると、人々が大挙して田舎に移動し、国土の75%が森で覆われている国、そんな国でエコツーリズムが急速に、確実に成長しているのは、当たり前のことと言えましょう。古い農場は、世界中からの旅行者を歓迎し、旅行者は緑の草地で羊の放牧を見ながら、地産のオーガニックフードを味わえるのです。

もっと読む
トゥルクの川岸でグルメを楽しむ

フィンランドの南西の沿岸にある街、トゥルクは、素敵な旧市街の雰囲気を保ちながらも、グルメの街として知られるようになってきました。

もっと読む
ラップランドの日本人シェフ

大森 聰(あきら)さんは、20年前、バックパックを持って旅に出ました。そのころは、まさか自分が東京から離れて暮らすことになるとは想像もしていませんでした。しばらく、世界を旅した後、彼は、日本から8,000キロ離れた場所に移り住みました。フィンランドは、ラップランドに、居を構えることにしたのです。

もっと読む
フィンランドのおいしいもの

フィンランド人は、フィンランドに昔からある食べ物が大好きで、それらをどんな風に楽しむのかもよく知っています。彼らは、自分たちの食のルーツに驚くほど忠実です。 フィンランドの自慢の食べ物をリストアップしてみました。ぜひ、お試しあれ。

もっと読む
レストランデイ

レストランデイは、2011年にフィンランドで始まり、世界中に広まった食のカーニバルで、レストランやカフェ、バーなどを誰もがオープンできるというムーブメントです。回を重ねるごとに、ますますたくさんのポップアップレストランが参加しています。あなたはどんなレストランがお好みですか?

もっと読む
ヘルシンキでヴィーガン料理 フィンランドのマイクロブルワリーと蒸留所を巡る フィンランドの海でクルーズ フィンランドの田舎を訪ねる トゥルクの川岸でグルメを楽しむ ラップランドの日本人シェフ フィンランドのおいしいもの レストランデイ