フィンランドで体験すべきサウナ5選

3 分読み

クレジット: Julia Kivelä

フィンランド各地のサウナを一口ずつ

フィンランドには約300万のサウナがあると言われていますから、その中から5つだけ選ぶなんて不可能!ここでは、フィンランド中のサウナ体験の一部をご紹介。より深く知るのための、ほんの入口だとお考えください。

Credits: Kari Ylitalo

クラシック: Rajaportinサウナ、タンペレ(湖水地方)

サウナの街タンペレのピスパラ地区にあるRajaporttiは、フィンランドで最も古い現存の公共サウナです。1906年、Hermanni Lahtinenとその妻Mariaによって建てられたこのサウナは、現在も営業中。Rajaportti では、昔ながらの方法で薪をくべ、柔らかで心地よい蒸気を発生。タイムスリップ気分を味わえます。中庭にある居心地の良いカフェでは、伝統的なサウナソーセージ、焼きたてのシナモンパン、心地よいスープ、地元の醸造元が作る厳選されたビールを味わうことができます。伝統的なマッサージを体験するのもよいでしょう。

湖水地方で是非とも体験したいサウナをすべてご覧ください。

クレジット: Laura Vanzo / Rajaportin sauna

モダン: Löyly、ヘルシンキ

Löylyは、フィンランドで最も象徴的で有名な公共サウナのひとつです。ヘルシンキのウォーターフロントでかつて工業地帯だった場所に立つこのサウナは、Avanto Architects、Ville Hara、Anu Puustinenの設計による彫刻的な木造建築が特徴。3つの温水サウナ、屋外プール、ミートボールやサーモンのクリームスープなどのフィンランドの伝統的な料理を味わえる、居心地よいレストランを備えています。夏の日には、広い屋外テラスで日光浴をしながら、爽やかなドリンクとバルト海の素晴らしい景色を楽しむのが最高です。

ヘルシンキで是非とも体験したいサウナをすべてご覧ください。

クレジット : Joel Pallaskorpi / Royal Restaurants
クレジット: Pekka Keränen

スモークサウナ: Kuurakaltio, Kiilopää (ラップランド)

KiilopääにあるKuurakaltioサウナは、ラップランドの美しい風景に囲まれ、澄んだ小川に隣接しています。スモークサウナは、煙突がない代わりに、ウォーミングアップの段階で煙がサウナ内に充満します。サウナ内の空気を循環させると、驚くほどなめらかなlöyly(湯けむり)を体験することができます。夏は白夜、冬はオーロラが見られることもあり、世界中から観光客が訪れるのも納得のサウナです。

ラップランドで是非とも体験したいサウナをすべてご覧ください。

伝統的なタイプ: Forum、トゥルク

1926年に創業し、現在はサウナセラピストのメルヴィ・ホンギストが経営するトゥルクのForumサウナは、まるで時間が止まっているかのような場所。健康と快適な生活に対する昔ながらのアプローチで、ピートマスクやカッピングセラピーなどの伝統的なトリートメントを体験できるForumは、本格的な入浴を楽しみたい方に最適です。このサウナでは食事や飲み物は提供されませんが、自由に持ち込めます。

フィンランドの海岸や群島で是非とも体験したいサウナをすべてご覧ください。

まさにアットホーム: フィンランド全土にあるパーソナルサウナ

地元住民と仲良くなれば、自宅のサウナに招待してくれる人もいるかもしれません。もし、おしゃべりをする気分でなければ、サウナ付きのプライベートキャビンを予約しましょう。フィンランドのサウナは1種類ではなく、豊かなカルチャーなのです。薪で暖めるサウナもあれば、電気で暖めるサウナもあり、森の中の湖畔にあるサウナもあれば、都会のアパートの一室にあるサウナもあります。つまり、サウナはそこら中にあるのです!幸運にもサウナに招待されたら、フィンランドのサウナ文化がユネスコの無形文化遺産に登録された理由がきっとよくわかるはず。

もっと詳しく知りたい方は、 サウナ初心者向け10のアドバイスをご覧ください。

Credits: Harri Tarvainen

も参照してください

サウナ初心者に向けたアドバイス10選

サウナは初めての体験ですか?適切な時刻、利用時間の長さ、フィンランドのマナーをご確認ください。