• 訪れるべき場所
  • アクティビティ
  • 役に立つ話題
フィンランドでの運転ガイド
2 minute read
ラップランドの雪景色を横切るアスファルトの直線道路の空撮写真

Credits:: Reijo Nenonen

雨でも雪でも晴れでも、フィンランドで運転するためのヒントです

フィンランドの道路は通常、良好な状態にありますが、北欧の天候は時としてドライバーを驚かせます。ラップランドの道路でトナカイに遭遇しても、氷に遭遇しても、どこでも、よりスムーズで安全なドライブ旅行のための実用的な情報をお伝えします。

秋色の丘と谷の風景の中の湖畔の道
フィンランド人は道路の右側を走ります。通常、渋滞はありません!
Credits: Reijo Nenonen

レンタカーを借りる

主要な町や都市、空港にレンタカー会社があります。事前に予約する価値があり、予約の際にはクレジットカードを所持している必要があります。EUまたはスイスの運転免許証をお持ちであれば、フィンランドですぐに運転することができます。

渋滞を避ける

フィンランドでは交通渋滞は一般的ではありません。フィンランド人から交通に関する不満を聞くことはあっても、他の大都市に住んでいる人から聞くことはまずありません。フィンランド人にとって、数分の遅れは大渋滞に相当するのです。

2つの島を結ぶ道路橋の航空写真
Credits: Janne Käyhkö / Visit Lahti

速度制限

一般に、フィンランドの制限速度は、市街地では時速50km、市街地以外では時速80kmです。どちらの制限速度も、他に制限速度が表示されていない場合には、通常、強制的に適用されます。夏の主要な幹線道路では、時速100kmで走行することができます。高速道路では、夏の制限速度は120km/hです。しかし、冬には幹線道路での制限速度は80km/hに、高速道路では100km/hになります。

ライトをつけよう!

対向車がハイビームを点滅させてきたら、それはたいていあなたがヘッドライトを点灯していないことを意味します。フィンランドでは、季節に関係なく、また白夜であっても、ドライバーはライトをつけなければならないことが法律で定められています。しかし、点滅は、前方に事故がある、または動物がいるという意味もあるので、注意を怠らないようにしましょう。

月明かりに照らされた森の中の道
ドライバーは、夜間に一人で道路を走るとき、特に冬場はハイビームのヘッドライト(フィンランド語で「pitkät valot」)を使用します。ただし、対向車がある場合は、ハイビームを切ることを忘れないでください。
Credits: Jani Kärppä

通行料の支払い(または支払いなし)

フィンランドでは、有料道路や橋は無料です。そう、無料なんです。なぜなら、道路や高速道路の建設や維持は、ほとんどフィンランドの税金で賄われているからです。だから、ドライブを存分楽しんでください!

交通取締用カメラ

フィンランドの警察は、交通量の多い道路や市街地で自動交通監視装置を使用しています。このような道路を走っているときは、カメラが描かれた黄色の道路標識が目印になります。

動物に注意

フィンランドでドライバーは、道路を横断するヘラジカを警告する標識に注意を払う必要があります。ヘラジカを見かけたらスピードを落とし、夜間はできるだけハイビームを使用してください。フィンランドの主要な高速道路の多くにはヘラジカ用の高いフェンスが設置されていますが、事故は実際に起こり、ドライバー、乗客、動物にとって命取りになる可能性があります。また、ラップランドをドライブしていると、道路を走るトナカイ(たくさんいることも!)はごく普通の光景です。視界が狭く、危険な走行状態になる可能性があるため、速度を調節して慎重に運転するようにしてください。

道の真ん中にいるトナカイの群れ
ラップランドでトナカイを見かけたら、急停止の準備をしましょう。サンタの助っ人はとても頑固で、クラクションを鳴らしても動かないかもしれません。ただひたすら待ち、通過させるのが一番です。
Credits: Pentti Sormunen

冬のドライブの必需品

フィンランドの冬の気候はとても良いですが、道路が凍結しやすいという欠点があります。このため、12月1日から3月1日の間は、すべての車に冬用タイヤの装着が義務付けられています。フィンランド北部を走る場合は、スタッドレスタイヤを装着したほうがいいかもしれません。

また、冬場の運転には十分な時間を確保することが必要です。路面が凍結しているときや大雪のときは、ゆっくり走るしか安全な方法はありません。また、一般的に道路には塩が撒かれることはありません。道路は除雪車によって除雪されます。

電気自動車を運転する場合、寒さや車内の暖房で運転力が低下することに注意しましょう。また、電気自動車でもガソリン自動車でも、フィンランドでの運転には防寒着を着用するか、持参することをお勧めします。

フィンランドに関する 健康と安全のヒント をもっとご覧ください。

people posing at the front of a car in a snowy forest
a landscape picture of a snowy Lapland where a road crosses the landscape
冬場の運転では、前の車との車間距離を十分に取るようにしましょう。そうすれば、万が一凍結した道路で不測の事態が発生しても、ブレーキをかける十分な時間が確保できます。
Credits:: Jani Seppänen

Recommended