• 訪れるべき場所
  • アクティビティ
  • 役に立つ話題

夢のようなイナリで体験したい5つのこと

2 minute read

Credits:: Roll Outdoors

サーミ文化の中心地であるイナリでは、昔話と豪華さと大自然が融合しています。

イナリは、年間を通じて観光客を受け入れている町です。周囲に広がるイナリ湖はフィンランドで3番目に大きな湖で、素晴らしい景観とフィンランドの先住民族の文化遺産を楽しみながら、ちょっと贅沢な休日を過ごすには最適の環境です。

Credits: Harri Tarvainen

イナリ湖に浮かぶ一夜を過ごす

フィンランドで3番目、サーミ地方で最大のイナリ湖は、水面が1,000km以上ある広大な水域です。この地域には、マス、レイクサーモン、北極イワナ、白魚、グレイリング、パーチ、パイクなどの地元の魚類だけでなく、約3,000の島があります。その中でも、「墓場島」「ウッコの石」は有名で、特に後者はサーミの人々の歴史的な生け贄の場所として知られています。

湖への日帰りツアーは、旅行会社によって広く提供されています。電動ハイブリッドカタマランは、夏らしい湖の風景を手軽に楽しめるおすすめの乗り物です。冬の水路では、オーロラ小屋に泊まるというユニークな方法があります。このくつろげる体験は、ブティックチェーンWilderness Inariが提供するもので、周囲の自然を損なうことなく、これまで以上にアウトドア体験を身近なものにするものです。ダブルベッドを備えたエコな小屋からは、北の空とオーロラの素晴らしい眺望を楽しむことができます。

トナカイとのふれあいを企画

家族経営のInari Reindeer Farmでは、イナリの町の近くで、川マス釣り、トナカイ・ハイキング、トナカイ・ドライブ・ツアーが楽しめます。この農場は、地元のトナカイ飼い、Paadar家の2代目であるJan-Eerik Paadarによって運営されています。20年前に両親が始めたこの牧場は、動物たちへの敬意と優しさによって、今も変わらずに運営されています。トナカイの飼育や地元のサーミの文化に触れることで、訪問者は感情的なつながりを感じることができます。また、オーナーはトナカイに関するあらゆる質問に答えることに熱心で、驚くほど多くの知識を持っています。トナカイの足はなぜカチカチと音がするのか、角はどのように生えるのか、不思議に思ったことはありませんか? Inari Reindeer Farmでは、そんな疑問を解決してくれます。ただし、トナカイを何頭飼っているかは聞かないほうがいいしょう。それはベストシークレットで、「カータ・プオレン・プータ」、つまり、「たくさんいる」という答えが返ってきます。

Credits: Anja Kaarret

レストラン「Aanaar」でグルメになる

ホテルKultahoviの中にあるレストランAanaarは、村の中心部のすぐそばにあり、この地域の究極のグルメスポットとなっています。大きな窓からは、ジュトゥア川の急流を見渡すことができ、忘れられない体験となることでしょう。Aanaarは、観光客やゲストに地元の自然が提供する最高のものを提供することを基本として運営されています。食材は常に自然のまま、世界に通用するものを、身近なところから調達しています。トナカイ、タラバガニ、紅鱒、そして地元のハーブであるpuurrâmrääsiなどが特産品です。イナリ湖産の白身魚を酒でマリネし、シーバックソーンの発酵ジュースとバターミルク・ディルソースを添えたものや、北極イワナのロースト、スモーク麹バターソースとビーツピューレなど、美味しい組み合わせのメニューがたくさんあります。このレストランでの夜は、暖炉のそばで食後酒を飲みながら、近所の人たちが地元のことや漁の状況について語り合います。運がよければ地元の民話を聞けるかもしれません。

Credits: Harri Tarvainen

完全バリアフリーのハイキングと吊り橋

例年10月上旬に初雪が降り、イナリの冬は雪が多くなる傾向がある。しかし、この時期はアウトドアには最高の季節です。Inari-Saariselkä地域には、フィンランド最大の2つの国立公園、Kevo Strict Nature Reserve、およびいくつかの原生地域があります。イナリ村周辺の自然は、険しいルートから誰もが楽しめるルートまで、様々な日帰り旅行や小旅行を提供しています。どのルートも標識が整備されており、多くの人がアクセスしやすいアウトドアでの出会いと体験を提供しています。その中でも、Juutuankoski地区にある不思議なJniskoskiへの穏やかなハイキングは、行ってみる価値があります。ここでは、吊り橋を渡ってキャンプファイヤーに行き、急流の脇にある居心地の良い小屋でソーセージを焼くことができます。Jniskoskiへのルートは完全にアクセス可能です。

Credits: : Harri Tarvainen

サーミ文化の中心地、サヨスを訪ねる

サヨスは、フィンランドにおけるサーミ文化の中心地です。フィンランド・サーミ議会が置かれ、北部の先住民の過去、現在、未来に関する文化、教育、知識の普及に力を注いでいます。サヨスは主にサーミの人々のために使用されていますが、サーミの文化を尊重し、独自に、専門知識を通じてアプローチする素晴らしい機会も提供しています。サヨスは、サーミの故郷の地域に生き、脈打つ先住民文化の真のシンボルです。訪れる価値のある、紛れもなく宝石のような場所です。

Credits:: Ville Fofonoff

Recommended