• 訪れるべき場所
  • アクティビティ
  • 役に立つ話題
フィンランドだけの絶景湖5選
4 minute read
狭い渓谷の湖で楽しむカヤック

Credits:: Marjaana Tasala

唯一無二の素晴らしい湖5選

フィンランドの湖の大部分は湖水地方にあるのですが、他にも国内の至る所に湖があります。ここで紹介するのは、湖の形、水の透明さ、文化的な側面などで他に類を見ない素晴らしい湖5選です。

深い森の中にある湖の空からの眺め
Credits: Michael Matti

Lappajärvi/ラッパ湖 – 隕石が作った自然の驚異

オストロボスニア地方南部の沿海部・多島海域にあるラッパ湖はヨーロッパ最大のクレーター湖です。7000万年前にこの地に衝突した隕石により、幅23km のクレーターが形成されました。隕石衝突による衝撃の痕跡が湖の周辺や島々で見つかります。また、現在も隕石衝突の影響が湖水の下の土壌に残っているために、周辺地域では浅い地震が発生します。しかし、揺れは地震計でやっと検知できるものがほとんどですので、心配はいりません。Kivitippu/キヴィティップ隕石センターでは、クレーター湖が形成されるまでの自然現象についての展示を見学することができます。湖の周辺では、自然遊歩道からファットバイク、カヌーまで、さまざまなアウトドアアクティビティを楽しむことも。(アクティビティやレンタルの情報については、Kivitippu/キヴィティップ ホテルを参照してください。また、M/S Veannetar/ヴェアンネタール号に乗って、ラッパ湖のクルーズを楽しむこともできます。 

Inarijärvi/イナリ湖 – 北の巨人

ラップランド北部にあるイナリ湖(イナリ・サーミ語でAanaarjävri/アーナール湖)は、フィンランドで3番目に大きな湖であり、すべての大湖の中で水が最も透き通っています。この地域には何百もの湖がありますが、地元の人々が「湖(Järvi/ヤルヴィ)」と言う時は、このイナリ湖を指します。イナリ湖には3,000以上の島があり、中でもUkonsaari/ウコンサーリ島はサーミ族の聖地として崇拝されています。島の数が多いため、イナリ湖は美しい迷路のようですが、他に遮るものがない見晴らしの良いエリアもあるのが魅力です。美しいカヌーのルートがあり、夏期にはツールオペレーターがガイド付きツアーを手配します。冬の間は、湖はアイスフィッシング、スノーモービル、オーロラの観賞にぴったりです。イナリ湖はサーミ族の文化の都であるInari/イナリの町を囲んでいます。

イナリ湖の畔にあるボート
Credits: Wilderness Hotel Nellim

Tuusulanjärvi/トゥースラ湖 – 文化の歴史にダイブ

ヘルシンキ・ヴァンター空港からわずか15分の所にあるヘルシンキ地域のトゥースラ湖では、フィンランド文化の歴史に浸ることができます。湖の美しさは、多くの芸術家を魅了してきましたが、特にフィンランドのロマン主義時代が有名です。現在では、世界的に有名な作曲家ジャン・シベリウスとその家族が住んでいた木材造りのヴィラであるAinola/アイノラなど、この地域の美術館・博物館を訪れることで、二十世紀の初頭の芸術の全盛期の様子を知ることができます。湖の周り26kmの絶景を巡るサイクリングも人気のアクティビティですが(地元の全ホテルで自転車を提供します)、のんびりしたい方は、Gustavelund/グスタヴェルンドホテルのサマーテラスでくつろいだり、Fjällbo Park/フィエルボ公園のモダンな桟橋から足先だけ湖水につけたりするのも良いでしょう。湖の景色をもっと楽しみたいなら、美しいSarvikallioサルヴィカリオの展望台もおすすめです。展望台へは、道路から直接、またはサルヴィカリオのレジャーエリアにある3.4 kmの円形ルートを歩いて行くこともできます。

modern design pier on Lake Tuusula
Credits: : Mariia Kauppi
Lake Tuusula full of church boats and rowers
Credits:: Maarit Kytöharju

Sääksjärvi/サークス湖(Nurmijärvi/ヌルミヤルヴィ) – 美しい真夏の避暑地

サークス湖は、氷河時代の巨大な氷盤が形成したもので、湧き水が水源になっている湖としてはフィンランド最大のものです。湖水は土の中を通るためにろ過され、クリスタルのように澄んでおり、湖の周りは、目が覚めるほど美しい細かい砂浜と見事な松林に覆われた隆起部があります。Sääksin uimaranta/サークシン・ビーチがフィンランドで最も美しいビーチと言われているのも不思議ではありません。湖は遠浅ですので家族連れに最適です。夏の間、ビーチにはカフェ、ダイビングのための拠点、ビーチバレーコートが設営されます。サークス湖は拡大されたヘルシンキ地域のNurmijärvi/ヌエルミヤルヴィにあり、ヘルシンキからは車で1時間ほど。フィンランドには、Sääksjärvi/サークス湖と呼ばれる湖が、実は他にも9つ以上あります。すべてがユニークで美しいですが、フィンランドを移動するときに混同しないように注意してください。

フィンランドの澄んだ水の湖の砂浜で日光浴をしている2人の若い女性たち
Credits: Mauri Katajala

Julma-Ölkky/ユルマ・エルキュ湖 – 残酷な峡谷

”残酷な峡谷” を意味するユルマ・エルキュは、湖水地方のKuusamo/クーサモ市のHossa/ホッサ国立公園の中にあり、3km 以上に広がるフィンランド最大の峡谷湖です。湖面から50m の高さにそびえる岩壁には圧倒されます。スリルや高所に強い方には、湖に架けられた美しい吊り橋がおすすめです。吊り橋までは2つの円形のハイキングロード(5kmと10km)がありますが、どちらも難易度が高いので注意してください。険しい登山が得意でなくても心配は無用。峡谷を巡るボートツアーも用意されています。ボートからは、ユルマ・エルキュの中心部にある小さな岩絵が見えます。峡谷湖の北部には、”悪魔の教会” を意味するPirunkirkko/ピルンキルコというヴォールトの形をした岩の割れ目があります。

峡谷でカヌー遊び
Credits: Marjaana Tasala

Recommended