• 訪れるべき場所
  • アクティビティ
  • 役に立つ話題

湖水地方の湖めぐり: フィンランドにある5つの湖

3 minute read

Credits:: Juho Kuva

幾千の湖の国から、最初に訪れたい5つの湖をご紹介

フィンランドの湖水地方は、ヨーロッパ最大の湖水地方で、湖、島、川、運河が青と緑の迷路のように広がっています。これらの水域では、コテージライフ、サマークルーズ、釣り、パドルボード、アイススケートなど、一年中、充実したアウトドアライフを楽しむことができます。湖と島は互いに絡み合い、尾根を形成し、秘密のラグーンや隠れ家への通路となっており、まさに湖めぐりにぴったりです

幾千の湖の国で、この5つの湖があなたの旅の始まりとなるでしょう。あなたもきっと、恋に落ちるはず。 

Credits: Juha Määttä

サイマー湖 - 最高峰の湖

清らかな自然、世界に誇る文化イベントや史跡が融合されたフィンランド最大の湖・サイマー湖。 美食からサイクリングまで、あらゆる楽しみが集まっています。 プウマラ群島ルートはサイマー島の海岸に沿って60kmも続いています。また、サヴォンリンナから蒸気船 に乗れば、一味違った旅が楽しめますし、水辺に建つ中世のオラヴィンリンナ城では、毎年サヴォンリンナ・オペラ・フェスティバルが開催されています。

リンナンサーリ国立公園コロヴェシ国立公園サイマー・ユネスコ世界ジオパークでは、アストゥバンサルミの古代岩絵が有名。さらに、サイマー湖は、世界でも珍しいサイマーワモンアザラシの生息地でもあります。湖畔でサウナに入り、ぐっすり眠りたいなら、ロマンチックなHotel Punkaharjuへどうぞ。

Credits: : Julia Kivelä
Credits:: Teuvo Juvonen / Vastavalo

ピエリネン湖 - カレリア文化とアイコニックな絶景

ピエリネン湖はフィンランドの最東端、北カレリアに位置しています。この地域には、東洋と西洋の影響が交じり合った独特の文化があります。正教会の見学やカレリア式サウナでの入浴は、ボンバへどうぞ。ピエリネン湖を眺めながらのスパなら、コリ国立公園内にあるブレイク・ソコス・ホテル・コリをお試しください。

コリ国立公園では、フィンランドの公式な国土景観が、スキー場やアメニティ施設からすぐのところにあります。ウッコ・コリの丘からピエリネン湖を見下ろす息を呑むような眺めは、芸術家たちのインスピレーションの源となった歴史があり、フィンランド人や旅行者たちを魅了し続けています。

Credits: Harri Tarvainen / North Karelia

パイヤンネ湖 - 自然愛好家のためのご褒美

フィンランドで2番目に大きな湖であるパイヤンネ湖は、ユヴァスキュララハティの都市を結んでいます。水深95mにあるこの湖はフィンランドで最も深い湖で、首都圏に多くの水を供給しています。

パイヤンネ国立公園でボートトリップやカヤックを借りて、手つかずの美しい水と島々を探検してみてはいかがでしょう。プルキランハルユ尾根の自然遊歩道は、車でアクセスでき、素晴らしい景色を楽しむことができます。車で景色を楽しみながらドライブするなら、狭いエスカーと橋で結ばれた島々に沿った全長8kmのプルクキランハルジュ・ルート がおすすめです。そこから少し走ると、のどかなVääksy運河 があり、閘門を通過する船やボートを眺めることができます。湖畔でユニークな宿泊施設をお探しなら、 Haasi Mirror HousesIlola Innのインフィニティ・プールで、湖と一体化するような感覚を味わいましょう。

Credits: : Janne Käyhkö / Visit Lahti
Credits:: Visit Lahti

ナシ湖とピュハヤルヴィ湖 - アーバンライフと湖畔の公共サウナ

雄大なナシ湖とピュハヤルヴィ湖の間には、フィンランド有数の大都市、タンペレがあります。タンメルコスキーの急流が市街地を流れ、古い工業用の建物が、現在ではシックなレストランや博物館として再利用されています。また、この地域には50を超える公共サウナがあり、その多くが湖畔にあります。市街地の近くには、氷河期に形成された世界最大の砂利の尾根であるピュニッキ尾根があり、歩いて登ることができます。ピュニッキでは、2つの湖とカラフルな木造家屋が並ぶピスパラ地区を見渡す素晴らしい景色を楽しむことができます。

カヌーやカヤックをレンタルできる場所もたくさんあります。島々に邪魔されない広大な水面を楽しみたい方には、ナシとピュハヤルヴィがお奨めです。また、手漕ぎボートやレイククルーズで水辺の風景を楽しむこともできます。

Credits: : Laura Vanzo / Visit Tampere
Credits:: Laura Vanzo / Kuuma Tampere

カッラ湖 - 絶景を眺めながらのクルージング

クオピオの街は、カッラ湖の湖畔と島々に囲まれています。クオピオの夏の魅力は、湖水地方を巡るクルーズに乗れる点です。ピークシーズンには、カッラ湖の広大な水面を1日20本ものクルーズが行き交います。中には19世紀後半に建造された200人乗りの大型客船「M/S Ukko号」もあります。

冬には、凍ったカッラ湖が、天然の氷上を長距離滑走するツアースケートの絶好のスポットになります。クオピオでは、毎年恒例のフィンランド・アイスマラソンが開催され、市内の海岸沿いを12.5kmのルートでアイススケートが楽しめます。コースは、天候にもよりますが、1月から3月の間にオープン。氷の上で1日を過ごした後は、クオピオのサウナとスパ「Kuopion Saana」で足を温めながら、湖の景色を楽しんでください。

Recommended