フィンランドの国土の風景探訪 – コリ

2 分読み

クレジット: Harri Tarvainen / North Karelia

フィンランド国立ギャラリーの絵画やインスタグラムの写真に共通するのは素晴らしい景色

Koli/コリは、緑が生い茂るコリ国立公園の中心にある丘です。丘の「家計図」は印象的です。最上部の前身であるカレリアン褶曲山脈は先史時代にプレートテクトニクスでおよそ18億年前に押しつぶされて持ち上げられて形成された地形です。氷河期が終わると、山々は何百万年もの間侵食された結果、コリの後ろの地帯は今日のような姿になりました。

海抜347m の高さに達する Ukko-Koli と呼ばれる頂上は、フィンランド南部の最高地点であり、主として白い珪岩で構成されています。長い歳月の間に最高地点の周囲の世界が変化し、辺り一帯には岩の断片が堆積しました。歩くことができる土壌としては、地質学的にはヨーロッパ大陸で最古のものです。

コリの頂上からは、フィンランドで4番目に大きな湖であるピエリネン湖と、その湖面に広がる島々を見渡すことができます。その完璧な写真になる景色はフィンランドの原型と言えるものであり、コリほど想像力を掻き立てた国土の風景はわずかしかありません。

Credits: Julia Kivelä

フィンランドの人々がコリを愛する理由とは?

作曲家のジャン・シベリウスや画家のエエロ・ヤルネフェルトなど、フィンランドの著名な芸術家の多くが、インスピレーションを求めてコリにやって来ました。ここでは、コリの神々しい美に答えて、芸術家たちは創作のインスピレーションを得て作品を作りました、風景を民族的な想像力に組み入れた結果、風景はフィンランドとフィンランドの精神の代名詞になりました。

このような知識がなくても、誰でもこの地域からは芸術的なインスピレーションの可能性を感じることができます。丘原の頂上から風景を眺めると、絵葉書やヘルシンキのフィンランド国立ギャラリーであるAteneum/アテネウムにある絵画に足を踏み入れたような気分になります。

もちろん、コリを最初に訪れた人々はフィンランドのロマン主義の時代の芸術家たちではありませんでした。古代の洞窟やキリスト教以前の生贄を捧げた場所など、見どころが多くあり、コリの豊かな歴史とその重要性を全世代に語りかけます。

クレジット: Eero Järnefelt / Ateneum

コリでのアクティビティ

フィンランドの人々は十九世紀紀末期からコリに旅行してきましたが、近年では野外のアクティビティを探す他の国々旅行者にも人気が高まっています。コリは1年中楽しめる観光地です。夏には水泳冬にはスキーをすることができるほか、ハイキングは1年中できます。

コリ国立公園でのアクティビティをご覧ください。

クレジット : Elina Sirparanta
クレジット: Krista Keltanen
クレジット: Krista Keltanen

も参照してください

フィンランドのユニークな湖5選

ラッパ湖、イナリ湖、トゥースラ湖、サークス湖(ヌルミヤルヴィ)、ユルマ・エルキュ湖の5つの湖は他とは...