雪について知っておくべきことのすべて

3 分読み
雪に覆われたラップランドの木々。

クレジット: Eeva Mäkinen

雪について一番尋ねられる質問と答え

フィンランド人は冬の生活を知っていますが、他の国々から来られる方々は、雪国フィンランドでの旅について多くの質問をお持ちでしょう。フィンランドではいつも雪が降るのですか?ヘルシンキで降る雪の量はどれくらいですか?一番雪が降る場所はどこですか?

この記事では、雪に関して一番尋ねられる質問にお答えします。

雪よ降れ、雪よ降れ、雪よ降れ!

クレジット: Julia Kivelä

フィンランドではいつ雪が降り始めますか。

シーズン初めて降る雪は、フィンランドの人々や訪れる人々の多くが待ちわびているエキサイティングな瞬間です。しかし、フィンランドは南北に 1000 km以上も伸びている大きな国ですので、雪の季節の始まりはフィンランドの場所によって違いがあります。

北極圏の境界のほぼ北に位置するラップランドでは、9 月に初雪が降ることがよくあります。2023年には9月中旬に初雪が降り、多くの場所で 20cm 以上の雪が降りましたが、これは初雪としては多い量でした。通常、最初のにわか雪は丘原の頂を打ちつけ、地面が雪にすっかり覆われるのは後になります。フィンランド北部では、雪は通常10月下旬までに地面に積もり、積雪は春まで続きます。

首都ヘルシンキを含むフィンランドの中央部と南部地域では、通常11月に初雪があります(通常は融けてしまいます)。海岸に近づくほど、晩秋のバルト海に暖められるために雪が雨になる可能性が高くなります。

絵のように美しい木造の町ポルヴォーに降る雪の写真。
Credits: Jussi Hellstén

雪が最も多く降る場所はどこですか?

平均して、北に行くほど雪が多くなります。ラップランドのほとんどは12月から4月の間の冬に雪に覆われます。この地方では少なくとも25-50センチメートルの雪が積もります。湖水地方もこの時期には雪がいっぱい積もります。

通常、積雪量が最も多くなるのは、フィンランドの南部と中央部では3月、北部では4月です。

キルピスヤルヴィ(Kilpisjärvi)はフィンランドの雪の記録を保持しています。1997年4月には190cmの積雪の深さを記録しました!

コリ(Koli)国立公園は湖水地方の冬を体験する格好の場所です。
クレジット : Julia Kivelä
クロスカントリースキーのルートで知られるキルピスヤルヴィは、フィンランドの積雪の深さの最大の記録を保持しています。
クレジット: Juho Kuva

雪の季節はどのくらい続きますか?

フィンランドの場所によって異なります。ラップランドでは、11月上旬から5月下旬まで雪が積もっているので、晩春までスキーをすることができます。ロヴァニエミ(Rovaniemi)のようなラップランドの都市では、雪が地面に積もったままの状態が7か月間、すなわち1年の半分以上続きます。

南に行くにつれて、通常、雪の季節は短くなります。例えば、湖水地方のタンペレ(Tampere)では、雪の季節は6か月ほどです。

2021年1月、タンペレの愛らしいピスパラ(Pispala)地区に雪が積もりました。
Credits: Visit Tampere, Laura Vanzo

ヘルシンキの雪の季節はどのくらい続きますか?

「ヘルシンキにはどの程度の量の雪が降るのですか?」とフィンランドを訪れる人々の多くから尋ねられます。フィンランドの首都ヘルシンキはフィンランドの南海岸に位置しているため、ラップランドに比べて冬は穏やかです。秋のバルト海によって暖められるために、ヘルシンキでの初雪は遅く、通常11月か12月になります。

ヘルシンキの雪の季節は平均して97日間続きます。3月、そして4月でさえ地面に雪が積もることがよくありますが、雪に覆われた首都を見るのに一番良い機会は1月または2月です。ただし、これは年によって違いがあります。

クレジット: Ants Vahter

雪が降ってもフィンランドに飛行機で行くことができますか?

フィンランド人は雪に非常に慣れています。それはフィンランド人があらゆる種類の冬の天候に十分に備えていることを意味します。飛行機には除氷剤が散布され、空港には滑走路の温度変化を監視するハイテクセンサーが装備されています。天候も継続して監視され、雪が降り始めた場合は、産業規模の除雪機とスイーパーで滑走路をきれいに保ちます。私たちはこの作業をsnow-howと呼んでいます。

毎年100万人以上の人々が冬の休暇にフィンランドを訪れていますので、フィンランドの冬の飛行機は安心して普通に利用できます。

雪の中を運転できますか?

もちろん、できます!しかし、冬の運転は経験豊富なドライバーに対しておすすめします。シーズン中は主要道路は頻繁に除雪されますが、道路は凍結する可能性があります。また、特に1月と2月は日が短いため、暗闇の中で運転することが多くなります。

フィンランドでは寒い季節にはすべての車は冬用タイヤを装着する義務があります。雪が多い場合はフリクション・タイヤ(kitkarenkaat)、氷が多い場合はスタッド・タイヤ(nastarenkaat)を装着しなければなりません。したがって、フィンランドで自動車をレンタルすると、適切な種類のタイヤが装備されています。農村部で運転することが多い場合は、四輪駆動を推奨します。電気自動車の供給が増加しており、電気自動車もフィンランドの冬の素敵でしかもグリーンな選択肢となっています。

フィンランドでの運転について書いた私共の記事をさらにお読みください。

クレジット: André Alexander

雪が降ったときは何ができますか?

スノーボード、スキーから、ハスキー犬やトナカイが引く乗り物まで、雪の中で楽しめるエキサイティングなスポーツやアウトドアアドベンチャーがたくさんあります。

スポーツよりも壮大な景色を観賞することがお好きなら、フィンランドの長い秋と冬の季節にはオーロラが楽しめます。冬の写真撮影に興味があるのでしたら、プロのカメラマン Julia Kivelä(ジュリア・キヴェラ)の冬に向けたアドバイスをチェックしてください。

雪の冒険のアイデアを他にもお探しなら、私共のガイドであるフィンランドで冬にできる最高のことをご覧ください。 

クレジット : Mikko Huotari
クレジット: Eeva Mäkinen
クレジット: Antti Pietikäinen

独特でサステナブルな雪のアクティビティ

フィンランドで過ごす次の冬の休暇のためのアイデアが必要ですか?これ以上は見ないでください!雪に関連した独特でサステナブルなアクティビティのアイデアを以下にまとめてみました。

Rovaniemi

Visit an Ethical Husky Farm with 10KM Husky Sleigh Ride

210 s

も参照してください

フィンランドの冬の極夜の壮大な写真

Visit Finland のソーシャルメディアのコミュニティが撮影した感動的な画像のコレクションで...