Pohjolaルートのベストスポット

2 分読み

クレジット: Pihla Peurasaari

オウルから出発するPohjolaルートは、家族連れや自然愛好家にとって北フィンランドの最高の見どころを網羅するルートです。

オウルの都市文化、ロクア・ジオパークの氷河、Syöte国立公園の山々など、見所満載です。海岸沿いには砂浜と伝統的な村々があります。場所や季節によっては、鳥やトナカイを見つけるのにも最適です。

オウル近郊にあるハイルオト島は、「ボスニア湾の真珠」とも呼ばれ、バードウォッチングの名所として知られています。
クレジット: Mariia Kauppi

道を探す

900kmのPohjolaルートは、オウル地方の主要道路に沿って走っています。ルートは9つのセクションに分かれており、部分的に移動することも可能です。推奨ルートはオウルを出発して時計回りに進みますが、反時計回りに進むことも可能です。

Pohjolaルートは、、キャラバン、自転車、または公共交通機関を利用することができます。オウルからバスで日帰りで各地を巡るのも一案です。

各区間の詳細とプランニングは、Visit Ouluのサイトでご覧ください。

Credits: Visit Oulu

ビーチや海岸沿いの町を探索

Pohjolaルートはボスニア湾の沿岸をカラヨキまで延びるルートです。オウルから出発したら、少し回り道をして、砂浜と魅力的な伝統的な村があるユニークな島、ハイルオトへ行きましょう。次の目的地ラーヘは、フィンランドで最も保存状態の良い木造の町のひとつです。夏には、博物館の桟橋から出発する群島クルーズに乗ったり、カヤックをレンタルしてラーエ群島を探索することができます。ポホヨラ・ルートの最南端はカラヨキです。カラヨキはきれいなビーチ、遠浅の海、そしてアクティビティパークがあり、家族連れに理想的な場所です。

ハイルオト島の灯台は、1870年代に建てられたものです。
クレジット : Mariia Kauppi
カラヨキ(Kalajoki)は長い砂浜で有名です。

リミンカでバードウォッチングとマウンテンバイクを楽しむ

Pohjolaルートは、農場や緑の野原が広がる15の川を経由して旅をします。Liminganlahti(リミンカ湾)周辺は、ヨーロッパで最も重要な湿地帯の一つです。鳥類の貴重な生息地であり、渡り鳥の重要な休息地でもあります。春の渡り鳥のダンスや秋のタンチョウの渡りを目撃することもできるかもしれません。2階建てのVirkkula野鳥観察タワーは、リミンカ湾ビジターセンターから簡単にアクセスすることができます。タワーの下層階は車椅子やベビーカーでもアクセスできます。ビジターセンターでは、双眼鏡の貸し出しや展示、ガイドツアーに参加することができます。リミンカには100kmに及ぶマウンテンバイクのコースがあり、あらゆる年齢層やレベルのサイクリストが楽しめるようになっています。

オオハクチョウはフィンランドの国鳥です。
クレジット: Ismo Pekkarinen

Rokua Geoparkで氷河期の遺産に出会う

Rokua Geoparkは、フィンランドの森、尾根、砂丘を探検できる最も素晴らしい場所の一つです。ユネスコ世界ジオパークは、優れた地質学を持つ地域に与えられるステータスです。ジオパークはオウル市から約20kmの地点に始まり、90km以上にわたって続いています。オウルヨキ川の渓谷、ロクアの尾根と砂丘地帯、オウルヨキ湖の北側の地域から構成されています。地質学について詳しく知りたい方は、キロニエミ(Kiloniemi)の片麻岩の岩盤や、ヨーロッパで最も古い岩石を見ることができるウタヤ(Utajrvi)の地質時代の小道を訪れてみてはいかがでしょうか。ジオパークには、あらゆる技術レベルに対応したハイキングコースやトレイルがあります。リミンカ湾ビジターセンターでは、ハイキングのコツを教えてもらえます。ジオパークは、マウンテンバイク、ベリー類やキノコの採集、スノーシューやファットバイクなどのウィンタースポーツにも理想的な場所です。

Syöteで山々を体験し、トナカイを見る

北の新鮮な空気を吸いながら、オウルから東に向かい、フィンランド最南端の森林地帯を走るトレイルやルートに参加しませんか。その中心は、北極圏の森が広がるSyöte国立公園です。冬の間、Syöteはフィンランドで最も雪が多い場所の一つで、ハスキーに乗ったり、スキーやスノーシューを楽しんだりすることができます。また、Syöteはトナカイの飼育地域でもあるので、トナカイに遭遇することもあるかもしれません。アドレナリンを放出したい旅行者には、Iso-Syöteバイクパークがぴったりです。オウルからのドライブでは、市街地からわずか25kmのところにあるキイミンキの急流、コイテリンコスキ(Koitelinkoski)に立ち寄ってみるのもよいでしょう。

マウンテンバイクやファットバイキングは、フィンランド北部の多くのスポーツリゾートで人気のアクティビティです。シュオテには、150kmの標識付きサイクリングコースがあります。
Credits: Olli Oilinki

も参照してください

フィンランド群島の隠れた魅力

群島の隠れた魅力を発見して、リズムのまったく異なるフィンランド沿岸の旅をご計画ください。