フィンランドで絶対に行ってみたいジビエ料理のレストラン

5 分読み

クレジット: Kaskis

ジビエで楽しむ!フィンランドの食。

広大な森林と澄み切った水からフィンランド人はいつも新鮮な食事をとってきました。この自然とのつながりを活かして、フィンランド最高のシェフたちが、ピュアな味わいを大切にした創造的な料理を生み出しました。 

フィンランドのジビエ料理のレストランは、地元の旬の食材で、オーガニックなものを多く使用しています。ミシュランの星付きレストランからカジュアルなお店まで、そして伝統的な料理から現代的なメニューまで、野生の食材を使ったフィンランドのおすすめレストランを紹介します。 

最終更新日2023年8月17日

レストラン Grön (ヘルシンキ) – 農場とつながった都会のレストラン

Grönでは、自然の流れを反映した旬のメニューを出しています。ヘルシンキのカンピ地区という中心部に位置し、18席のくつろいだレストランは、農場も持っていて、そこから野菜を供給しています。オープンキッチンなので、シェフが手に入った旬の食材から美味しい料理を作り出す様子が見られます。通常のミシュランの星以外にも、サステナブルな活動が認められて「ミシュラングリーンスター」を獲得しています。パンを食べるためだけでも、訪れてみる価値があるお店です!

クレジット : Grön
クレジット: Grön

レストラン Nokka (ヘルシンキ) – サステナビリティに焦点を当てたフィンランドで最高の店の一つ

レストラン Nokka – フィンランド最高のレストランのリストの常連であるこのお店は、ヘルシンキのカタヤノッカ地区の運河沿いにあります。シェフでオーナーでもあるアリ・ルオホは、レストラン用に最高の食材を手に入れるために、自分で収穫し、狩猟し、釣りをしています。Nokkaの自慢料理の一つが天然の海草、ロックウィードです。この海草をルオホは、バルト海の最も外側にある島々から収穫しています。Nokkaでは食材を一切無駄にせず、頭から尾まで、根から葉先まですべて使用しています。 

クレジット: Riku PIhlanto

レストラン Natura (ヘルシンキ) – 首都の中心に現代的で独創的な料理

Naturaヘルシンキの賑やかなプナヴオリ地区にある家族経営のレストランで、フィンランドのジビエ、野菜、サステナブルなシーフードに焦点を当てています。インクー産の野ガモやヘラジカ、ヤコブスタード(ピエタルサーリ)の地元の漁師が獲ったザンダー、そしてレストランの庭で栽培したルバーブやハイビスカス、ピーナッツ、カシスといった食材を使った料理があります。スーツにネクタイといった正装は不要。オープンキッチンでリラックスしてカジュアルな雰囲気で、誰でも気軽に楽しめます。Naturaは2022年に「ミシュラングリーンスター」を獲得しました。

クレジット: Natura

Ravintola VÅR (ポルヴォー) – 歴史的な雰囲気で遊び心いっぱいのクラシック料理

レストラン VÅR は、フィンランドのミシュラン星付きレストランに最近仲間入りしたお店の一つです。 VÅRは、ヘルシンキから車で西に1時間の風光明媚なポルヴォーの町にあります。伝統を大切にしながらも、現代フィンランド料理を遊び心いっぱいにアレンジすることを目指したレストランです。旬のセットメニューは新鮮な地元の食材に焦点を当て、野生魚や野菜、そして最高級のフィンランドの乳製品をベースとしています。

クレジット : Michelin Restaurant Vår, Porvoo
クレジット: Michelin Restaurant Vår, Porvoo

レストラン Nili (ロヴァニエミ) – ラップランドの田舎風の素朴な環境に現代的な料理

ロヴァニエミのNili レストランは、ラップランドの自然の恵みと革新的な料理をブレンドさせた魅力的なお店です。フィンランドのラップランド中心部に位置し、Niliは自然あふれる北極地方の環境を活かした料理で、伝統的な味わいと現代的な料理が見事に調和しています。ジビエの肉類、近くで獲れる魚、森で摘んだベリーなど地元の食材に焦点を当て、Niliはラップランドの野生の美しさのエッセンスを見事にとらえた、ユニークな食体験を実現しています。暖かい木造のインテリアとやわらかな照明が楽しい食事のひと時へと誘います!

クレジット: Restaurant Nili

レストラン Aanaar (イナリ) – 北極地方のジビエ料理

北極圏から北に300キロメートル、ラップランドのイナリにあるAanaarは、文字通り、大自然をお皿にのせています。地衣類やホワイトフィッシュ、そしてもちろんトナカイなどエキゾチックな食材を中心に、北極地方の動物性および植物性食材から作られたメニューです。数々の賞に輝くこのレストランは、地元の自然保護と先住民族のサーミ文化のサポートに熱心に取り組んでいます。1930年代末に創業した歴史のあるレストランです。

クレジット: Aanaar

レストラン Kaskis (トゥルク) – 西海岸に現代的な料理

トゥルクのKaskisは、地元の食材と最新のテクニックを巧みに組み合わせたフィンランド料理への革新的なアプローチで知られる極上のレストランです。このレストランのシェフ、エリック・マンシッカとシモ・ライシオは、トゥルクの森でレストラン用の食材を集めています。サステナビリティがKaskisでは重要な役割を演じています。例えば、空のビール瓶はレストランで水用のグラスとして再利用されています。2022年にKaskisはミシュランの星が与えられ、「年間最優秀ミシュラン・ソムリエ賞」に輝きました。

クレジット : Visit Turku
クレジット: City of Turku

Ravintola Niinipuu (プウマラ) – 湖水地方の島の牧歌的なレストラン

Okkola holiday cottageリゾートのレストラン Niinipuuは、古い石造りの納屋の中にあって、食体験とそれをとりまく環境との間に強いつながりを築き上げます。フィンランド最大の湖、サイマー湖に浮かぶ島にあるこのレストランは、魚をメインにしたメニューが有名です。牧歌的な町、プウマラは湖水地方にあり、ミッケリまたはラッペーンランタから車でおよそ1時間半の距離です。島へは24時間、フェリーで行くことができます。レストランに着いたら、白樺の樹液のドリンクを注文するのをお忘れなく!

クレジット : Okkolan Lomamökit
クレジット: Okkolan Lomamökit

Ravintola Harmooni (ユヴァスキュラ) – 五感に調和を

湖水地方ユヴァスキュラの真ん中に地元の人たちに愛されるジビエ料理のレストランHarmooniがあります。20世紀初頭に建てられたアール・ヌーヴォー様式の古いハルモニウム工場の中にあり、フィンランド語でハルモニウムを表わす"harmooni"が店の名前になっています。地元の生産業者から仕入れた新鮮でピュアな食材を活用し、旬の料理やジビエ料理、オーガニック料理や森でとれたものを使った料理を作っています。アラカルトメニューや5品または7品のコースのテイスティングメニューをお試しください!

Credits: Julia Kivelä

フィンランドで行ってみたいその他のジビエ料理のレストラン

ジビエ料理を出すレストランが他にもないか知りたい?心配無用です。無性に食べたいあなたを満足させるスポットは数多くあります。下のリンクにそのほかのジビエ料理のレストランを一覧にしてまとめました。

フィンランドのグルメをもっと極めたいですか?関連記事はこちらです

Restaurant Musta Lammas, Kuopio

One of the must-visit restaurants of Kuopio has been serving gourmet lovers for more than 40 years.

も参照してください