• 訪れるべき場所
  • アクティビティ
  • 役に立つ話題
夏の湖水地方のユニークな楽し方5
4 minute read
フィンランドの湖でボートを漕ぐ人たち

Credits:: Juho Kuva

夏と湖水地方は相性抜群

フィンランドの湖水地方は、青と緑が織りなす素晴らしい迷宮のようです。国内188,000の湖の多くはこの地域にあり、水路を囲むエメラルドグリーンの豊かな森と美しく調和しています。湖水地方は一年中見逃せない街ですが、特に暖かい季節はさまざまなアウトドア活動が楽しめる素敵な街です。ここでは、そのいくつかをご紹介します。

蒸気船でサイマー湖をクルーズ 

フィンランド最大の湖、サイマー湖(4,400平方キロメートル)の絶景を蒸気船からゆったりと眺めてください。遊覧クルーズは、近くの町サヴォンリンナから出航し、所要時間は約1~1.5時間です。サイマー湖の壮大な運河を巡るロングクルーズは、ご要望に応じてご利用いただけます。詳細情報: Go Saimaa.

運河に浮かぶ蒸気船
Credits: Jaakko Posti

水上で過ごした後はサウナへ 

湖水地方では、フィンランド人が水と同じくらい好きなものがもう一つあります。 それは一日中水に浸かった後にサウナでくつろぐことです。 湖水地方でサウナに入ることは必須ですが、この地域のホテルには最高のサウナがたくさんあります。

水辺に滞在したいなら、ホテル・プンカハルジュとそのサウナが最適です。プウマラのサハンラハティ・リゾートには、本物のフィンランドを体験するのに最適な木製のサウナがあります。 サウナに入った後、15世紀に建てられたオラヴィンリンナ城の3つの塔を眺めながら湯船につかってはいかがでしょうか。ブティックホテル Lossiranta Lodge   

タオルを巻いて桟橋に座る人
Credits: Julia Kivelä

カヌーを漕いでサイマー湖を一周する

カヌーはサイマー湖の違った一面を見ることができる素晴らしい方法です。カヌーはこの地域で自由にレンタルでき、 コロヴェシ国立公園リンナンサーリ国立公園周辺、またはヨウテンヴェシ周辺の原野へのツアーはオンラインで予約することができます。ほとんどのレンタルには、ライフジャケット、防水パドリングマップ、ドライバッグまたはバレルが含まれています。十分な軽食を持参しましょう。迷路のようなサイマー湖は、好奇心旺盛な旅行者にも開放された美しい場所です。 

ルート計画にはExcursionmap.fi。特に5月は、約400頭のサイマーワモンアザラシが水辺に生息しています。

湖上でカヤックを楽しむ2人
Credits: Mikko Nikkinen

湖畔で楽しむフィンランドらしい休日

フィンランド人のようにくつろぎたいなら、現地の人の真似をして、水上のキャビンやコテージをレンタルしてはいかがでしょうか。2020年の国民調査によると、フィンランド人は50万戸以上のサマーハウスを所有しているそうです。本当にリラックスするには、少なくとも2〜3日の滞在を予約し、湖の近くにある素敵なできればログタイプの家を選ぶとよいでしょう。おいしいソーセージと冷たい飲み物を持参してサウナを暖め、湖に沈まない白夜を眺めましょう。これこそ、フィンランドの最もリラックスした本物のホリスティックな姿なのです。

庭でダーツをする2人の少女
Credits: Harri Tarvainen

コリでフィンランドの国土にインスピレーションを得る

湖水地方を訪れるなら、コリを冒険のリストに加えるのもいいかもしれません。この国立公園には、4,000種以上の動植物が生息しており、フィンランドで最も生物多様性に富んだ公園のひとつとなっています。また、コリ山頂から眺める雄大なピエリネン湖には、白い珪岩の岩盤が続き、素晴らしい景観を作り出しています。この地域には多くのトレイルがあり、日帰りハイキングから長期の冒険まで、あらゆる年齢や条件の訪問者に適した変化に富んだ地形になっています。この公園の風景は、期待を裏切りません。 

湖を見下ろす丘の上に座る人
Credits: Harri Tarvainen

Recommended