フィンランドの湖水地方にある4つの隠れた名所

3 分読み

今すぐ湖水地方への訪問を計画し、その隠れた魅力を体験してください

壮大な荘園。食欲をそそるトリュフ。不思議なカラクッコ。これらは、青々とした湖が点在し、深い森に覆われた美しい国、湖水地方を訪れると味わえる、あまり知られていないご馳走のほんの一部に過ぎません。冬は凍えるような寒さですが、スノーシューやスケートなどのアウトドアスポーツが盛んなことで知られています。一方、夏は世界的なフェスティバルや文化イベントが目白押し。このリストに掲載されている観光スポットの多くは、年間を通じてアクセス可能です。

テルティン カルタノはミッケリの郊外にあります。この素敵なマナーハウスには、歴史的なホテル、小さなショップ、地元のオーガニック食材を使った料理を出す素晴らしいレストランがあります。

優雅なマナーハウスでタイムスリップ

湖水地方ではアドレナリン全開のアクティビティが楽しめますが、フィンランドの古いマナーハウスの庭や内部を歩き回るのも、同じように刺激的です。ヘルシンキから車で2時間半のところにあるミッケリは、この地域の真珠のような場所です。そこにあるのは、稼働中の農場、テルティン カルタノです。夏には、果物、花、野菜、ハーブが咲き乱れる農園の庭。冬は雪が積もり、静寂に包まれ、都会を離れて過ごすには最適な場所です。

また、この地域にある魅力的なマナーハウスはテルティン カルタノだけではありません。サイマー湖の近くにあるWehmaa Manorも魅力的です。バラのテキスタイル、花柄の壁紙、英国式の伝統的なアフタヌーンティーなど、旧世界のエレガンスを味わうことができます。50種類以上のバラから、お好みの一杯がきっと見つかるはずです。

彼ら自身の言葉を借りれば、TeaHouse of Wehmaisは新しい方法でお茶と料理を提供しています。

グルメファームへ一直線

湖水地方には、農家の玄関先で味わうのに最適な郷土料理があふれている。例えば、前述のTeaHouse of Wehmais(Wehmaa Manor)は、サイマー・ガストロノミーの4つの目的地のうちの1つです。作曲家Oskar Merikantoや大統領Urho Kekkonenを魅了したテルティン カルタノでは、質の高いフィンランド料理が味わえます。そして3つ目は、ハウホにある歴史あるハヌラ農場で、Iloranta家が100年以上前から住んでいます。ここでは、Sustainable Travel Finland のラベルを取得した素晴らしい自然の中で、自家製のオーガニックフードを楽しむことができます。

4つ目に紹介するのは、ソトカモのスムサ村にあるTervamäki Organic Farm。農家は当時の姿に復元され、訪問者は伝統的な農作業、道具、家畜の飼育を体験することができます。そして、忘れてはならないのが食事です。農家を訪れたら、ぜひ手作りの朝食か昼食(希望者のみ)をお楽しみください。また、農産物直売所では、オーガニックの農産物を購入することができます。

曲がりくねった長い道に建つ木造の家、そして小麦やライ麦、菜種(フィンランド語で「rypsi/リプシ」)の畑は、フィンランドの田舎の典型的なイメージです。

お腹の調子に合わせて、地元の市場へ

フィンランドの市場ほど、地元を象徴するものはないでしょう! どの都市にもあるこの活気ある町の広場は、おいしい農産物、伝統音楽、地元の民間伝承、絶え間ない会話を自慢としています。例えば、湖水地方では、ミッケリとサヴォンリンナに素晴らしいマーケットがあります。ミッケリでは、暖かい季節になると市場が活気づき、地元のおいしい料理が次々とテーブルに並びます。この地方を代表する食べ物、kalakukko(カラクッコ)はミートパイのようなもので、温かいコーヒーと一緒に、マーケットのアコーディオン奏者による生演奏を聴きながらいただくと最高です。しかし、おしゃべりをする準備をしておきましょう。ミッケリは南サヴォ地方に属し、他の地方ではほとんど見られないスモールトークの文化があることで知られています。

カラクッコはフィンランドのサヴォ地方に伝わる郷土料理です。伝統的なカラクッコは、ライ麦でできた皮に魚(通常フィンランド語で「ムイク(muikku)」)と豚肉を詰めたものです。
Credits: Julia Kivelä

も参照してください

タンペレ ‐ 世界のサウナの中心地

タンペレはサウナの世界的な中心地というだけではありません。その文化的な名所、アトラクション、美術館な...