フィンランドの海岸の紅葉の5つの楽しみ方

2 分読み

クレジット: Rebecka Eriksson

夏から秋へ、海岸はその真の姿を見せる

フィンランドの海岸は一年中そのリズムを保っていますが、秋は特に特別です。この地域の収穫市、サウナ、船旅の伝統など、秋のアクティビティを存分に楽しんでください。

Credits: Risto Puranen / Vastavalo

Kyrö蒸溜所で体を温めるウイスキーを味わう

Kyrö蒸留所は、地元の材料から世界クラスの蒸留酒を製造することに専念しており、彼らの酒は期待を裏切りません。このブランドは、サウナで友人たちがライウイスキーを飲んでいるときに、自分たちでも作ってみようと思ったのが始まりです。現在では、フィンランド産の全粒粉ライ麦ウイスキーをはじめ、ジンやリキュールも自社で蒸留しています。蒸留所ツアーに参加したり、バーに立ち寄ってアットホームな雰囲気を楽しみながら、フィンランドの文化に乾杯してみてはいかがでしょうか。

パルガスで秋を満喫

フィンランド沿岸の真珠と呼ばれるパルガスは、まさにその名にふさわしい小さな群島の町です。ヘルシンキとストックホルムの間に位置するこの町は、フィンランドで唯一、四方を海に囲まれた1万5千人あまりの住民が暮らす町です。島のジンジャービスケット、北欧最大の採石場、旧市街のガムラ・マルメンなど、地元の名物やアトラクションがありますが、この地域を楽しむには、本土からフェリーに乗って出航するのが一番です。古風で趣のある海辺のブティックホテルHotel Hyppeisに宿泊して、秋の紅葉に彩られたフィンランドの美しい自然を満喫してください。

クレジット : Juho Kuva
クレジット: Visit Rauma

収穫祭で秋の味覚を堪能する

フィンランドの海岸と群島地域は、地元のおいしい食材の数々を誇っています。ネギ、キャベツ、ニンジンなどの野菜や、パイク、パーチ、トラウトなどの魚が秋の季節にたくさん手に入ります。これらの食材を楽しむには、地元の収穫市を訪れるのもひとつの方法です。ヴァーサのハロウィーンマーケット「Haymarket」では、肉、野菜、パン、焼き菓子、伝統工芸品など、地元の生産者のこだわりが詰まった品々が並び、家族連れで楽しめます。また、かわいいヤギや子羊に餌をあげたり、ふれあったりすることもできます。Tammisaari(Tammisaari)のファーマーズマーケットもおすすめです。9月に開催されるこのマーケットには、毎年3万人近くが訪れ、約270店が出店しています。また、会場内には2つの遊園地があります。最後に、Lohja Apple Carnivalをお見逃しなく。この季節のイベントは、ロハス博物館ののどかな中庭で開催され、誰もが楽しめる内容になっています。おいしい焼き菓子、地元の手工芸品、そしてもちろんフィンランドの秋の主役、新鮮なリンゴを提供する収穫にちなんだたくさんの屋台を見て回ってください。

クレジット : Ilona Savola
クレジット: Lauren Bath

壮大な西海岸で釣りをする

フィンランドの海岸は、汽水域であるため、世界有数の釣りのメッカです。スポーツフィッシングで最も重要な魚種はカワカマスとスズキです。釣り人は、ラウマ群島、メリカルヴィアのオーラ群島、ポリの北のアーライネン群島、ピエタルサーリとコッコラの間の群島を目指すことができます。フィンランドには漁業管理料があることに留意してください。これは連邦税のようなもので、18歳から64歳までの釣りをする人に義務付けられています。ただし、釣り針と釣り糸を使った釣りや氷上釣りは公共の権利の下で行うことができ、ライセンスは必要ありません。管理費を払えば、フィンランド全土で1本の竿、リール、ルアーを使ってルアーフィッシングをすることができるようになります。まだわかりにくいですか? ガイドを雇いましょう。多くのガイドがフィッシングツアーを提供しており、必要な手配をしてくれます。

クレジット : Ismo Pekkarinen
クレジット: Pasi Kannisto / Vastavalo

も参照してください

トゥルク地域を体験する旅

ここでは、フィンランドの最も古い都市であり、かつては首都であったトゥルクとその周辺の群島でできる最高...