• 訪れるべき場所
  • アクティビティ
  • 役に立つ話題
冬の群島で体験したいことベスト3
1 minute read
雪の中で笑う二人の幸せな女性

Credits:: Mikko Huotari

群島の冬といえば、暖かい毛糸のジャンパー、心地よい薪ストーブ、そして時折潜る極寒の海

フィンランド沿岸には、世界最大の群島があります。のんびりとしたライフスタイル、強い海洋文化、絶えず変化する海の風景を持つこの地域は、気温が下がっても訪れる価値のある場所です。

「トゥルクがあるのに、パリに行く意味は?」

フィンランドのことわざにもあるように、これほどまでに美しく、ロマンチックなものがこの国にあるのに、なぜ外国に行くのでしょうか? フィンランド南西部沿岸の文化の中心地であるトゥルクでは、特にそのことが言えます。アウラ川が交差する美しい街トゥルクには、河口に建つ13世紀の要塞、歴史的なトゥルク城があります。街の中心部には、地元の魚を使った料理やおいしいお菓子を出す居心地の良いレストランやカフェがたくさんあります。トゥルクは暖かい季節も素晴らしいですが、冬も同様に素晴らしいです。バルティオブオリ天文台へのゆっくりした散歩、街中に点在する博物館の訪問、Titanikなどのアートギャラリーの見学、近くのRuissaloへのリラックスした散策など、寒い季節のアクティビティもおすすめです。毎年、旧大広場で開催されるトゥルクのクリスマスマーケットもお忘れなく!

people entering a market hall
Credits: : Timo Jakonen
a landscape view of a snowy turku castle
Credits:: Esko Keski-Oja

フェリーに乗ってオーランド諸島の冬の魔法へ

オーランド群島は6,500の島々からなり、そのほとんどが岩礁の島であるが、60以上の島に人が住んでいる。風は強いが、本土より日差しが強く、海と陸が一体となった美しい自然が広がっています。ウォーキングやハイキングの際には、氷河期の大規模な圧力と浸食の様子を観察してみてはいかがでしょうか。開放的な風景と豊富な湖で、冬のアクティビティに最適です。氷が厚い時期には、水路で長距離のアイススケートが楽しめます。現地で道具をレンタルすることもできますし、現地ガイドの案内で滑ることもできます。その他にも、氷上浴、ハイキング、スキー、クロスカントリーなど、冬のアクティビティが満載です。

詳しくは、Visit Ålandのサイトをご覧ください。

ヴァーサからクルーズで

凍てつく海辺の古い木造の土蔵
Credits: Jaakko Salo

ヴァーサフィンランド沿岸部の真珠と呼ばれる街です。マーケット広場から1km圏内に20以上の文化施設があり、北欧エネルギーの中心地であり、ユネスコの自然遺産であるクヴァルケン群島がある場所でもあります。ヴァーサを訪れたら、スウェーデンへの寄り道もお忘れなく。クヴァルケン海峡を挟んで隣町のウメアまでWasalineフェリーが毎日運航しており、一度に二つの国、二つの都市、そしてクヴァルケン群島を見ることができます。Aurora Botnia号は、最新の環境技術を搭載し、気候変動に配慮した再生可能燃料で航行しています。また、船室や公共スペースは、再生プラスチックを使用したテーブルベストやカウンター、古い漁網の繊維を使用したカーペットなど、リサイクル素材を使った内装です。

フィンランドの冬の群島の雪景色
Credits: Visit Porvoo

Recommended