ヘルシンキで新しい発見と意外性を求めて

2 分読み

クレジット: Jussi Hellstén

街の型破りなスピリットをとらえる

ヘルシンキとその周辺地域は、イノベーションのホットスポットです。一日おきに新しいコンセプトやスペースが誕生しているような気がします。ここでは、ヘリコプターツアーからアンダーグラウンドレイブまで、進化し続けるヘルシンキの精神をとらえた、型破りなアクティビティをいくつかご紹介します。

ヘルシンキビエンナーレにクルーズで行く

ヘルシンキビエンナーレは、ヘルシンキ群島に優れた現代美術をもたらす国際的なアートフェアです。次回の開催は2023年ですが、2021年に行われた野外インスタレーションは参加者に大好評でした。タイム誌は、環境先進国として知られるフィンランドが、アートの新たなホットスポットになる可能性を指摘したほどです。ヴァリサーリ島へは、本土のいくつかの地点からフェリーで、またはプライベートボートでアクセスすることができます。ハカニエミから出航するJT-Lineのフェリーは、夏季にはハカニエミ、クルヌヴオレンランタ、ヴァシッカサーリ、ヴァリサーリ、ロンナに停泊するので、島めぐりをすることも可能です。なお、車椅子やローリングウォーカーをご利用の方は、ヴァリサーリへの移動にアシスタントをお連れいただくとよいでしょう。次回のヘルシンキビエンナーレは2023年に開催されます。

Credits: AdobeStock

カッリオ地区でおいしいものを食べよう

ヘルシンキの活気に満ちたカッリオ地区は、労働者階級・中産階級をルーツに持つが、近年大きな変化を遂げている。カッリオ地区とヘルシンキ中心部を結ぶ橋は一つだけでしたが(Pitkäsiltaまたはロングブリッジ)だけでしたが、交通機関が整備され、今では美味しい食事と活気あるナイトライフ、特にアフターファイブと週末に有名になりました。パリ風のレストランHarju8や、近所のヴィノテカ、ベーカリー、カフェ Way Kallioなどの小さなビストロは、夜遅くまで楽しむための素晴らしい選択肢です。Harju8ではアンダーグラウンドのダンスクラブが開かれることもありますし、Way Kallioではピザのポップアップナイトも開催されています。また、カルフプイスト公園の近くにあるレストラン&ナチュラルワインバーWinoでは、素晴らしいワインと高級ビストロ料理が味わえます。この人気店はすぐに満席になるので、予約することをお勧めします。

クレジット: Jussi Hellstén

シティコプターでヘルシンキを俯瞰するツアー

Helsinki Citycopter Toursでは、市内外への専用エアツアーやプライベート送迎を提供しています。同社は、空の旅が環境に与える影響を理解し、その影響を最小限に抑えるためにサステナビリティの強化に取り組んでおり、2023年末までにカーボンポジティブを目指す、ヨーロッパで最初のヘリコプターサービスプロバイダーです。また、シティコプターは2021年にEuropean Travel and Hospitality Awards(欧州トラベル&ホスピタリティ賞)でUnique Service of the Year(最優秀ユニークサービス賞)を受賞しています。サンセットフライト、空港送迎、ポルヴォー、ラハティ、ベングトスクなどの周辺地域のツアーなどを提供しています。

クレジット: Lauri Rotko / Helsinki Marketing

夜中まで踊り明かそう

ヘルシンキは革新的な芸術文化建築でよく知られているので、この街の地下ではユニークなサブカルチャーが台頭していても不思議ではありません。テクノミュージックやアンダーグラウンドのダンスパーティーはヘルシンキにとって目新しいものではありませんが、特筆すべきはそのイベントの数と種類です。暖かい季節には、ビーチや島、公園で夜遅くまでパーティーをしているヘルシンキっ子の姿をよく見かけます。人気のスポットは、ムスティッカマー島、旧ラークソ病院周辺、モルシャン島などです。これらのパーティーの情報は、一般的に口コミや人気のモバイルアプリ「Yodel」を通じて伝わりますが、誰でもこの楽しさに参加することができます。プロからのアドバイス: 地元の人に近くのjatkot(二次会)について聞いてみるのもひとつの方法です。

Credits: Julia Kivelä

HELrideのアドレナリンに酔いしれる

毎年8月、Sörnäinenに近いSuvilahti周辺は、HELrideが街にやってくると、エネルギーとアクションで爆発します! このイベントは、地元のスケートボーダーたち(市役所の協力も得て)が企画・主催し、草の根イベントや教育的取り組み、スケートスクール、映画の試写会、DIY建築ワークショップ、地元のコンテストなどを運営し、新しいスケートパークを作り上げています。ヘルシンキを訪れた際には、特にHELrideが開催される時期にSuvilahtiの敷地内を自転車で周遊してみてください。これぞヘルシンキの夏のサブカルチャーシーンです。

クレジット : Olli Oilinki
クレジット: Aku Pöllänen

も参照してください

地元の人のようにヘルシンキ市内を移動する

徒歩や自転車で、または公共交通機関を利用してヘルシンキを観光しましょう。詳細はフィンランドの公式ウェ...